ストレイン シーズン3

キャスト&スタッフ

キャスト&スタッフ
スタッフ

原作・企画・製作総指揮・脚本

ギレルモ・デル・トロ

1964年10月9日生まれ。メキシコ・グアダラハラ出身。10代の早い頃より映画業界を目指し、メイクアップ・アーティストの大御所ディック・スミスに直接手紙を送った。大学卒業に渡米してスミスに師事し、特殊メイクや特殊効果を学んだ。帰国後、特殊メイク・造形の会社を立ち上げ、短編やTVシリーズなどを手がける。劇場長編監督デビュー『クロノス』(92)が各国の賞で高く評価され、97年の『ミミック』でハリウッド・デビューを果たした。『デビルズ・バックボーン』(01)、『ブレイド2』(02)を経て、念願だったマイク・ミニョーラの人気アメコミの映画化『ヘルボーイ』(04)を実現。『ヘルボーイ』では主演のロン・パールマンをめぐり、知名度の高いスターの起用を望むスタジオ側と長年対立したが、最後までミニョーラとデル・トロは妥協しなかったため製作費は大幅削減となった。 しかし、映画は大ヒットを記録し、続編『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(08)はスタジオをユニバーサルに移して製作された。その間にスペインで製作した『パンズ・ラビリンス』(06)は、アカデミー賞脚本賞にノミネートされたほか、カンヌ国際映画祭など各国で高い評価を受けて気鋭の監督として国際的に広く認知されるように。07年には、『バベル』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ、ペドロ・アルモドバルらとメキシコで製作会社「チャチャチャ(Cha-Cha-Cha)」を設立。『ロード・オブ・ザ・リング』の前日談にあたる大作『ホビット』シリーズでは一度は監督に就任し、プロデューサーをつとめるピーター・ジャクソンとともに脚本も担当したが、相次ぐトラブルによるスケジュールの遅延により監督を降板(脚本にはクレジットされている)。 日本の特撮作品やロボットアニメの影響をダイレクトに反映している『パシフィック・リム』(10)で、久々に監督に復帰した。09年にはチャック・ホーガンとの共著で初の小説「ストレイン」シリーズを発表。本著のオーディオブック版では、盟友ロン・パールマンが朗読している。そのほか、プロデューサーとして関わっている作品は数多い。監督としての新作は、『The Shape Of Walter』(17)ほか『Pinocchio』『HELLBOY Ⅲ』などの話題作が予定されている。
[今後の作品]
・THE SHAPE OF WATER(2017年US公開予定)-監督
・PACIFIC RIM: MAELSTOME(2018年2月23日US公開予定)-製作・脚本
・HELLEBOYⅢ(US公開未定)-監督
・PINOCCHIO(US公未定)-監督・脚本
・RINGS-製作
・JUSTICE LEAGUE DARK-製作
ページのトップへ▲