レギオン

イントロダクション

プロフェッサーXの息子にして史上最強のミュータント【レギオン】ついに覚醒!

全米で大絶賛されシーズン2放送も決定!

世界中で大ヒットした映画『X-MEN』シリーズから、新たに誕生したテレビ・シリーズ。それがこの「レギオン」だ。原作はご存知、アメコミの殿堂マーベルが誇る人気コミック。超人的なパワーを持つゆえ迫害されてきた特殊能力者ミュータントたちが、正義のスーパーヒーロー・チーム「X-MEN」を結成して巨大な悪に立ち向かう。その同じ世界観を共有する本作では、映画版シリーズの生みの親ブライアン・シンガーが製作総指揮を担当。’17年2月に全米で放送が始まるやいなや、本家とは一線を画すイマジネーション豊かな作風で、一般視聴者はもとより批評家からも大絶賛された。既に’18年のシーズン2放送も決定している、今最も注目すべき話題作だ。

斬新すぎる映像表現がテレビの常識を覆す!

主人公は妄想型統合失調症と診断され、精神病院で治療を受けている若者デヴィッド。だが実は「X-MEN」の創始者である史上最強のテレパス、プロフェッサーXの息子で、彼自身もまたミュータントだった。その事実を知らないまま育った彼は、政府の秘密機関に囚われたところを、謎のミュータント組織によって救出され、自らに秘められた特殊能力の謎を探っていく。脳内の潜在意識を自在に駆け巡り、次々と記憶の扉を開き、現実と非現実の世界を行き来するデヴィッドと仲間たち。スタンリー・キューブリックやデヴィッド・リンチ、テリー・ギリアムなどの巨匠を彷彿とさせる、トリップ感覚満載のぶっ飛んだ映像表現と哲学的で深みのある物語はテレビの常識を覆す。

注目俳優ダン・スティーヴンスレトロフューチャーな世界へ!

主演には「ダウントン・アビー」で大ブレイクし、映画『美女と野獣』(’17)の野獣役でも話題になったイケメン英国俳優ダン・スティーヴンス。そのほか、テレビ界のベテラン大御所女優ジーン・スマートなどの実力派が脇を固める。また、独特の美術デザインやファッションにも要注目。特にセット・デザインは巨匠キューブリックからの影響が強く、スタッフも『時計じかけのオレンジ』(’71)と『2001年宇宙の旅』(’68)から主なインスピレーションを得たことを明かしている。その上で、衣装や小道具にもそれらの作品が生まれた当時の近未来観を取り入れ、あえて時代設定が分からないような仕掛けを施している。そのレトロフューチャーなアートセンスにも要注目だ。

STORY

少年時代から幻覚や幻聴に悩まされ、妄想型統合失調症と診断された若者デヴィッドは、自殺未遂を図って精神病院に入院する。そこで同じ患者のシドニーと出会い恋に落ちるものの、彼女が退院する日にある事件が発生。秘密機関ディビジョン3に囚われて尋問を受けるが、そこへメラニー率いる謎の組織がシドニーと共に現われて救出される。彼らの極秘施設サマーランドへ匿われたデヴィッドは、特殊能力を探るために記憶療法を受けることに。自らがテレパシーや念力などを操るミュータントであることを知るデヴィッドだが、やがて彼の脳内に隠された驚くべき真実、そして意外な出生の秘密が明らかとなっていく。その一方で、ディビジョン3の魔手も迫るのだが…。

X-MENユニバースを振り返ろう!

ページのトップへ▲