• TOP
  • INTRODUCTION
  • CAST
  • EPISODE

「シーズン1・2」バナーリンク

  • 先行デジタル配信中! 
  • 6.3(FRI)DVD発売&レンタル開始
オタメシFOX期間限定、シーズン1第1話「秘密の共同生活」無料配信中。今すぐ観られる
デジタル配信
  • Google play
  • amazon
  • TSUTAYA TV
  • PlayStation Store
  • 楽天ShowTime
  • GyaOストア
レンタル配信

購入する

  • amazon
  • HMV
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • TOWER RECORDS

レンタルする

  • TSUTAYA DISCAS
  • ぽすれん
  • DMM.com
パッケージ商品詳細

INTRODUCTION

遂にグランド・フィナーレ!果たして潜入捜査官たちの運命は?オシャレでクールな大人気潜入捜査アクションがいよいよ終焉を迎える。希望がそれとも絶望か?シリーズ史上最も危険な潜入捜査に挑む。ブリッグスのFBI捜査官殺し隠蔽を条件に、国際的武器商人アルメニアマフィアへの潜入を開始するが、次々と事件が勃発……。メキシコ系マフィアとの紛争、大量殺戮化学兵器の密輸など桁違いのスケールで展開される!

CAST

FBI所属 マイク・ウォーレン Mike Warren

FBIアカデミーを首席で卒業した新人捜査官。祖父に憧れ捜査官となり、出世コースであるワシントンDC勤務を希望していたが、急遽グレイスランドに配属される。指導係となるポール・ブリッグスを内偵するよう命じられ、戸惑いながらも監察官のフアンに報告を入れている。潜入捜査では当初はミスもあったものの、すぐに持前の優秀さを発揮。反面、生真面目な性格ゆえに、恋人にも本当の事を言えない潜入捜査の難しさに苦悩する。

アーロン・トヴェイト Aaron Tveit

1983年10月21日、ニューヨーク生まれ。舞台でキャリアを積み、ミュージカル『レント』の全米ツアーに参加した後、2006年に『ヘアスプレー』でブロードウェイ・デビュー。2009年『Next To Normal』ではオリジナル・キャストとして参加、2011年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』では主演を務めた。2010年頃から映像作品にも出演するようになり、『ゴシップガール』('09-'12)のトリップ役や、『アグリー・ベティ』('10)、『Law & Order:性犯罪特捜班』('10、'11)、『ボディ・オブ・プルーフ』('11)、『グッド・ワイフ』('11)などにゲスト出演。映画『レ・ミゼラブル』('12)のアンジョルラス役で大きな注目を集めた。

FBI所属 ポール・ブリッグス Paul Briggs

抜群の成績でアカデミーを卒業し、30歳になるまでに数々の功績を挙げ、FBIの伝説的存在となっている捜査官。グレイスランドの前身であるシェアハウス時代から潜入捜査をしており、グレイスランドでもリーダー格になっている。冷静で頼れる存在だが、あえてルールを無視して危険な捜査に乗り出す事も。突然赴任してきたマイクの目的が何なのか、疑っている様子。ある事件の潜入捜査で深いトラウマを抱えており、何か秘密を持っている。

ダニエル・サンジャタ Daniel Sunjata

1971年12月30日、イリノイ州生まれ。NYUなどで演技を学び、1998年『十二夜』でブロードウェイ・デビュー。2003年の『Take Me Out』ではトニー賞にもノミネートされ、People誌の世界で最も美しい男にも選出された。映画・TVドラマへの出演も多く、『プラダを着た悪魔』('06)や、ドラマ『レスキュー・ミー』('04-'11)、『グレイズ・アナトミー』('10-'11)などで知られている。その他の出演作に『Law & Order:性犯罪特捜班』('00-'04)、『ライ・トゥ・ミー』('09)、『30Rock』('10)、『SMASH』('13)、映画『メリンダとメリンダ』('04)、『ダークナイト ライジング』('12)、『ファインド・アウト』('12)がある。

FBI所属 ジョニー・タトゥーロ Johnny Thrurro

FBI捜査官。グレイスランドのムードメーカー的存在で、お調子者だが、潜入捜査ではブリッグスたちを的確に補佐する優秀な捜査官。グレイスランドの仲間たちの事を家族のように思い、人一倍気にかけている。

マニー・モンタナ Manny Montana

カリフォルニア州ロングビーチ生まれ。アメフトの奨学金で大学へ進学するが、怪我で断念。卒業後、俳優を目指す。2008年、『East L.A.』で映画デビュー。その後、『ER 緊急救命室』('08)や、『コールドケース』('09)、『ライ・トゥ・ミー』('10)、『チェイス』('11)、『CSI:NY』('11)など多くのTVシリーズにゲスト出演し、本作で初のレギュラーを獲得した。『ザ・フォロイング』('13)、『Grimm』('13)にも出演。

DEA所属 ペイジ・アルキン Paige Arkin

DEAの捜査官。周囲への気配りを忘れない心優しい人物で、シェアハウスでの暮らしを通じてマイクと最も親しくなる。マイクにとっては捜査の事だけでなく、私生活での悩みも話せる大事な相談相手になっている。

セリンダ・スワン Serinda Swan

1984年7月11日、ウエストバンクーバー生まれ。芸能一家に育ち、幼い頃から女優を目指す。2005年に女優デビュー。『スーパーナチュラル』('06、'10)、『サイク/名探偵はサイキック?』('08)、『ヤング・スーパーマン』('09-'10)、『ブレイクアウト・キングス』('12)など多くのTVシリーズに出演。その他映画『トロン:レガシー』('10)、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』('10)にも出演している。

FBI所属 チャーリー・デマルコ Charlie DeMarco

FBI捜査官。タフで強気な性格だが、情に厚い一面も持つ姉御肌。マイクにも先輩として度々アドバイスをしている。思い込んだら一途なところがあり、仲間の忠告を聞き入れずに捜査に突っ走ってしまう事も。

ヴァネッサ・フェルリト Vanessa Ferlito

1980年12月28日、ブルックリン生まれ。2001年、『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』でデビュー。その後、『サード・ウォッチ』('02)、『24 -TWENTY FOUR-』シーズン3('03-'04)、などを経て『CSI:NY』('04-'06)のエイデン役でブレイク。その他の出演作に映画『25時』('02)、『スパイダーマン2』('04)、『デス・プルーフ in グラインドハウス』('07)、『ウォール・ストリート』('10)などがある。

ICE所属 デール・ジェイクス Dale Jakes

ICEの捜査官。グレイスランドの仲間たちとは協調しつつも、マイペースであくまで潜入の拠点として割り切っているところがあるクールな人物。潜入捜査のために妻子と別れたが、もう一度やり直したいと思っている。

ブランドン・ジェイ・マクラレン Brandon Jay McLaren

1981年7月3日、バンクーバー生まれ。2003年にドラマ『Just Cause』でデビュー後、多くのTVシリーズに出演。『ハーパーズ・アイランド 惨劇の島』('09)や『キリング/26日間』('11-'12)などで知られている。その他の出演作に『パワーレンジャー S.P.D.』('05)、『ヤング・スーパーマン』('04・'06)、『CSI:科学捜査班』('09)、『ビーイング・エリカ』('10-'11)、『フォーリング スカイズ』('12)などがある。

EPISODE

第1話「償いの時」

メキシコ麻薬王のソラノ邸での大量殺人事件から2週間、ブリッグスは潜入捜査を続けていたが汚職警官シドを逮捕する決め手となる証拠がつかめない。そんな中、マイクの入院先を密告したペイジは、自分の行為を償うために、キャリアと命を懸けてシドから自白を引き出そうとする。一方、上官に呼び出されたブリッグスは、FBI捜査官殺しの証拠のテープと引き換えに、アルメニア人マフィアへの潜入を命じられ、キーマンの元へ。

第2話「覚めない悪夢」

人身売買施設の摘発に貢献したペイジは表彰されるが、リナを救えなかった後悔から、まだ自分を許せずにいた。一方、ブリッグスは危険な潜入捜査から逃れるため、ひそかにアリの殺害を計画。ジャーメインの捜索に行きづまったチャーリーは、アンバーに司法取引を持ちかけ、ジョニーはカリートの命令でシドの逃亡を手伝いながらも、ルシアを救い出す案を講じる。そんな中、現場復帰を焦るマイクは、鎮痛剤に依存しつつあった。

第3話「真実をたどる旅」

ついにカリートの薬物密輸を摘発することになったが、いざ現場で積み荷を開けてみると出てきたのは鶏だけだった。銃で狙われても一心に鶏を数え続けるマイクの姿にぼう然とするペイジ。ブリッグスはアリの殺害計画に協力してもらうべく前任者のコルビーを捜していた。チャーリーもまた、ジャーメイン捜索の手がかりとなる売人のレジーを捜すために、はるばるマイアミまで来ていたが、アンバーのあいまいな記憶に振り回されていた。

第4話「作戦開始」

アリが車で目を覚ますと、フロントガラスにはパイプが突き刺さり、衣服は血まみれになっていた。自分が何をしたか思い出せないアリは、ブリッグスを呼び出す。車内に残っていたレシートを頼りに、2人はガソリンスタンドを訪れるが、そこへマフィアのボスが現れ、娘のレイラが行方不明だというのだ。ブリッグスの計画は着々と進行し、グレイスランドのメンバー全員が仕掛けた精巧な罠により、アリは窮地に陥っていく。

第5話「正義のために」

マフィアのボスに娘との関係がバレたため、アリは組織での地位を失ってしまう。FBI上官のローガンは潜入捜査に見切りをつけ、逮捕を命じるが、ブリッグスは殺されたコルビーのためにもサルキシアン一家を潰そうと潜入捜査を続けることに。数字と赤い鳥の意味するところを調べていたマイクだったが、ついにすべての条件に当てはまる闇取引を見つけ、張り込みに出る。一方でジョニーにはカリートと決着をつける時が迫っていた。

第6話「深い闇へ」

謎の荷物は化学兵器だったことが判明。ブリッグスは当局に報告しようとするが、事件に固執するマイクは、兵器の届け先である黒幕を突き止めるまでグスティを泳がせると言い張る。マイクがジョニーの力を借りて事件の全容を探る一方で、ペイジはアリから地位を奪ったトロスに近づくため、サルキシアンの密輸品を運ぶ輸送会社に潜入。チャーリーとジェイクスは鎮痛剤の売人との取引を拡大するため、マイアミへ向かう。

第7話「過去との決別」

トロスが邪魔者のブリッグスを殺そうとしていることが分かった。ペイジはサルキシアン一家の幹部を一網打尽にする作戦を考えるが、まずはブリッグスに腹を立てているジェイクスとジョニーを説得して協力を得なければならない。マイクの薬物乱用には歯止めがかからず、任務にも支障を来すようになり本人も衝撃を受けていた。マイアミではチャーリーの作戦が順調に進み、取引から外れるアンバーのお別れパーティーが開かれることに。

第8話「失敗の意味」

サルキシアン一家の幹部を逮捕する作戦は失敗。しかしその原因となったタレ込み情報を流したのは、他でもないブリッグスだった。一家に殺されそうになったブリッグスは、自らをFBIの情報提供者だと偽って作戦をバラすことで、再び彼らの信頼を得ようとしたのだ。チャーリーはアンバーとジェイクスの協力で、ようやくジャーメインと取引できることに。マイクはグスティと盗品の取引に向かうが、思わぬ事態に巻き込まれる。

第9話「栄光の手」

ブリッグスとアリはFBIの上官であるローガンを拉致し、捜査状況を聞き出すために拷問していた。ここでアリを逮捕すると、一家のボスを逃すことになってしまうため、とらわれの身のローガンは苦渋の選択を迫られる……。トロスはボスの右腕に昇格することになり、一家が出席する継承式にペイジは招待された。チャーリーはATFの捜査を妨害せずにジャーメインを逮捕する方法を考えていた。

第10話「壊れゆく絆」

ブリッグスたちの偽装によりマフィアの右腕トロスの死は自殺として片づけられた。代わりに昇格したアリの初仕事は、LAのギャングたちへの挨拶だ。ブリッグスは情報収集のため、メキシコ系ギャングのリーダーの女に近づく。一方、ジェイクスはチャーリーの指示で順調にジャーメインとの関係を深める。サリンの捜査を続行するべく潜入捜査を開始したマイクは、薬物に依存するマディソンの姿を目の当たりにする。

第11話「裏工作」

ブリッグスが原因でアルメニア系マフィアとメキシコ系ギャングの抗争が勃発。ジョニーは情報収集のためメキシコ系マフィアに潜入し、リーダーの家のホームパーティーに招かれる。マイクは、一連の出来事はすべてブリッグスが仕組んだものだと証明しようとサリンの輸送ルートを調べていたが、ブリッグスの関与を裏付けられない。ジェイクスはジャーメインの上客をよい取引条件で引きつけるため、偽の銀行の準備を急いでいた。

第12話「戦いの火ぶた」

アルメニア系マフィアの葬儀を、メキシコ系ギャングが襲撃。報復にサリンが使われると確信したマイクは、応援を要請してペイジと現場に急行する。メキシコ系ギャングの仲間として葬儀場にいたジョニーの機転とFBIの突入により、大きな犠牲は避けられたものの、現場にサリンはなく、ブリッグスは謎を残したまま車で去ろうとする。一方、ジェイクスの偽の銀行には、資金洗浄のために莫大な金が持ち込まれていた……。

第13話「決着」

ブリッグスは自分が作り上げた筋書きの捜査報告書を作成し、アルメニア系マフィアの案件を締めくくろうとしていた。報告書の承認を求められたマイクは、真実を明らかにするべきだと考えるが、グレイスランドの全員が関与しているため仲間の賛同を得られない。恋人の未来を思い描いていたジェイクスは、自分も刑務所に入ることになるかもしれないという状況で、ブリッグスのために用意した逃亡資金を手に悩んでいた……。

※対応デバイスや配信開始日は、配信プラットフォームによってことなりますので、詳細は配信プラットフォーム各社のホームページからご確認ください。