1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to FOX main navigation
  3. Skip to show navigation
  4. Skip to content
  5. Skip to global fox navigation

glee シーズン3
Episodes エピソード
 
#01 ビートルズでプロポーズ! - Love, Love, Love

photo『ファニー・ガール』の最終審査に残ったレイチェル。だが監督たちがキャリア不足と話していた事を聞いてしまいショックを受ける。マッキンリー高校ではスーがなんと校長代理として復帰してくる。彼女はウィルに全国大会で優勝しなければグリー部は廃部だと告げる。その頃、グリー部ではアーティとキティが急接近。だがキティから隠れて付き合おうと言われ、落ち込むアーティ。そんな彼を心配するティナは、見かねてグリー部で2人が付き合っている事を暴露。無事2人は公認のカップルとなるのだった。アーティの恋に協力したティナはプロムの相手が見つからず落ち込み気味。そんな彼女を不憫に思ったブレインは、グリー部のメンバーの誰かを選ぶよう言い、ティナはサムを選ぶ。そのブレインはヨリを戻したカートにプロポーズするため、壮大な計画を立てていた……。

MUSIC
  • Yesterday / The Beatles
  • Drive My Car / The Beatles
  • Got to Get You Into My Life / The Beatles
  • You've Got to Hide Your Love Away / The Beatles
  • Help! / The Beatles
  • A Hard Day's Night / The Beatles
  • I Saw Her Standing There / The Beatles
  • All You Need Is Love / She Loves You / The Beatles
#02 ビートルズでプロムへ! - Tina in the Sky With Diamonds

photoプロムが近づく中、キングとクイーンの候補が発表され、ブレインとアーティがキング、ティナとキティがクイーンの候補に選ばれる。日頃影が薄い事を気にしていたティナは、プロム・クイーンに選ばれようと躍起になる。サムは新任の保険の先生に一目惚れ。スーが彼女をクビにしようとしていると知ったサムは、なんとか阻止しようと奮闘する。そしていよいよプロム当日。ティナは見事クイーンに選ばれるが、チア部の女子に嫌がらせをされ、泣きながらその場を去ってしまう。スーは首謀者ブリーに、今後も徹底的にグリー部員たちに嫌がらせをするよう命じる。その頃ニューヨークでは、オーディションの結果を待っていたレイチェルがすっかりあきらめムードに。そんな彼女を励ますカート。一方サンタナはCM契約が決まり、同じバイト先の同僚ダニといいムードになる。

MUSIC
  • Revolution / The Beatles
  • Get Back / The Beatles
  • Something / The Beatles
  • Here Comes the Sun / The Beatles
  • Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The Beatles
  • Hey Jude / The Beatles
  • Let It Be / The Beatles
#03 大好きだったフィンへ - The Quarterback

photoフィンが亡くなったという知らせを受け、グリー部のメンバーを始め、先生やマッキンリー高校の生徒ら多くの者が悲しみに暮れていた。町を離れていた卒業生たちも続々と帰郷し、メンバーはそれぞれの想いを込めてフィンへの歌を捧げるのだった。そんな中、パックはフィンを記念し植えられた木を盗み出してしまう。さらにサンタナはスーに激しい怒りをぶつけた挙句、悲しみのあまり歌の途中で飛び出してしまう。心配したカートはフィンのジャケットを彼女に貸すが、そのジャケットが何者かに盗まれパックが疑われる。エマは決して泣こうとしないウィルを心配するが、彼は大丈夫だと言って聞かない。そうこうしているうちに、誰よりも大きなショックを受けていたレイチェルが音楽室に現れる。気遣う仲間たちに彼女はフィンへの想いを語り、想い出の曲を歌うのだった。

MUSIC
  • Seasons of Love / from “RENT”
  • I'll Stand By You / The Pretenders
  • Fire and Rain / James Taylor
  • If I Die Young / The Band Perry
  • No Surrender / Bruce Springsteen
  • Make You Feel My Love / Adele
#04 レディー・ガガvsケイティ・ペリー - A Katy or a Gaga

photo全国大会での対戦校が発表され、最先端のパフォーマンスが話題を呼んでいる学校があると知りメンバーに動揺が走る。ウィルは苦手分野を克服するため、ケイティ・ペリー派のメンバーにはレディー・ガガの、一方ガガ派のメンバーにはケイティのパフォーマンスで対決するよう提案する。みんながそれぞれ頑張る中、マーリーだけはケイティの衣装を着てガガのパフォーマンスをし、ウィルから叱られてしまう。落ち込む彼女をジェイクは慰めるが、そんな彼を狙ってチア部のブリーが接近する。その頃、ニューヨークではカートが新たにバンドを組む事を決意。メンバーを募集し、サンタナやダニらとオーディションをする。現れたのは奇抜なスタイルでスターチャイルドと名乗る男。彼のパフォーマンスをサンタナたちは絶賛するが、カートはもっと普通がいいと難色を示す。

MUSIC
  • Marry The Night / Lady Gaga
  • Applause / Lady Gaga
  • Wide Awake / Katy Perry
  • Roar / Katy Perry
#05 反逆者たち - The End of Twerk

photoレイチェルはイメージチェンジのためにボブのウィッグで『ファニー・ガール』の打合せに向かい、監督たちを驚かせる。そんな彼女に触発されたカートは、レイチェルと一緒にタトゥーを入れに行く。オハイオではブレインが今流行りのトゥワークを密かに練習している様子を隠し撮りしたティナが、グリー部のメンバーに動画を披露してしまう。ウィルは全国大会で注目を集められると今週の課題に取り上げるが、それを知ったスーは激しい妨害行為を繰り広げる。その頃ユニークがこっそり女子トイレを使用していたところをブリーに見つかり、それがきっかけでマッキンリー高校で男女入り乱れたトイレ騒動が勃発。ユニークを気遣いウィルが教員用のトイレを使わせた事を知ったスーは、ユニークに教員用トイレを使わせる代わりにトゥワークを止めるようウィルを脅迫する。

MUSIC
  • Came To Party / Kanary Diamonds
  • Who’s On My Rocket? / Miss Amani
  • You Are Woman, I Am Man / from “Funny Girl”
  • Blurred Lines / Robin Thicke feat.T.I. & Pharrell
  • If I Were A Boy / Beyoncé
  • Wrecking Ball / Miley Cyrus
  • On Our Way / The Royal Concept
#06 僕らのニューヨーク - Movin’ Out

photo学校で職業体験イベントが開催される中、ウィルは芸術系の職業ブースがない事に不満顔。将来を不安に思うグリー部員たちの士気を高めるために、今週の課題にビリー・ジョエルを取り上げる。アーティは進学問題に悩むベッキーのために彼女に向いている大学を探そうとするが、ベッキーを守ろうとするスーは反対する。その頃、ライダーはジェイクの浮気が発覚して以来、彼と険悪状態のマーリーをデートに誘う。一方、大学の面接のためニューヨークに向かったブレインとサム。だが直前で怖気づいたブレインは、NYADAのオーディションを受けたくないとカートに弱音を吐く。面接が上手く行かず落ち込んでいたサムから、本当はモデル志望だと聞いたレイチェルは、カメラマンを手配し、売り込み用の写真を撮影。それを持ってモデル・エージェンシーに向かったサムは……。

MUSIC
  • Movin’ Out (Anthony’s Song) / Billy Joel
  • Piano Man / Billy Joel
  • My Life / Billy Joel
  • Honesty / Billy Joel
  • An Innocent Man / Billy Joel
  • Just the Way You Are / Billy Joel
  • You May Be Right / Billy Joel
#07 パペットワールド - Puppet Master

photo全国大会に向けて張り切るブレインはアイデアを出すが、仲間たちから仕切り屋だと言われてしまう。ピアノのブラッド相手に愚痴をこぼしていると、通風孔からガスが漏れ出てきてブレインは周囲の人間がパペット姿に見えるようになってしまう。その頃スーは学校にやってきた教育長に好かれたい一心で女性らしさを身に着けようと奮闘。マーリーと別れて以来、チア部の女子と次々に関係を持っていたジェイクだが、その行動をブリーから非難され別れを告げられる。反省した彼はマーリーとヨリを戻そうとするが、はっきりと拒絶されてしまう。その頃ニューヨークではカートが新しいバンドのライブ会場を決めて張り切っていたが、サンタナたちは不満顔。結局ライブの観客はたった1人。メンバーはカートが落ち込むと考えたが、意外な事に彼は意気揚々と帰宅してくる。

MUSIC
  • Into the Groove / Madonna
  • Take On Me / A-ha
  • You’re My Best Friend / Queen
  • Nasty / Rhythm Nation / Janet Jackson
  • Cheek to Cheek / Fred Astaire from “Top Hat”
  • The Fox / Ylvis
#08 お蔵入りのクリスマス - Previously Unaired Christmas

photo2012年に不適切で放送されなかったという設定で描かれる架空のクリスマス・エピソード。レイチェル、サンタナ、カートは冬休みのバイトでモールのクリスマス・コーナーで妖精のコスプレをするが、肝心のサンタ役が酔っぱらって使い物にならず、急きょサンタナが女サンタに扮する事に。困った彼らの前にセクシーサンタが現れ、ディナーと引き換えにサンタ役を引き受けると言う。3人は条件をのみディナーに招待するが、翌朝目を覚ますとそのサンタに部屋を荒らされていた。マッキンリー高校では各部対抗のクリスマスツリー・デコレーション大会が開催され、地球に優しいエコ・ツリーを作ったグリー部が優勝する。だが喜びも束の間、今度は降誕劇のマリア役を巡ってティナ、マーリー、ユニークが激突。だがキティだけはオーディションに参加しようとしなかった。

MUSIC
  • Here Comes Santa Claus / Gene Autry
  • Rockin’ Around the Christmas Tree / Brenda Lee
  • Mary’s Boy Child / Boney.M
  • The Chipmunk Song(Christmas Don’t Be Late) / Alvin and the Chipmunks
  • Love Child / Diana Ross & The Supremes
  • Away in a Manger / Traditional
#09 友情と裏切り - Frenemies

photoティナはブラウン大学に補欠合格するが、繰り上げ合格する望みは薄いと落ち込んでいた。そんな彼女を励ますアーティ。だが2人が卒業生総代候補に選ばれた事で状況は一変。ティナはブラウン大合格のために譲ってほしいと頼むが、アーティは拒否。グリー部でも全国大会のソロパートを獲得するため対立する事になる。ニューヨークではカートがスターチャイルドに自分のバンドを奪われるのではないかと疑心暗鬼になっていた。ブレインのアドバイスで彼をお茶に誘ったカートは、スターチャイルドと親しくなる。一方、なかなか芽が出ない事をボヤくサンタナに対して、全てが順風満帆なレイチェルは彼女を元気づけるほど余裕の態度。だが、サンタナが『ファニー・ガール』の代役オーディションに突然現れ役を獲得した事から、2人の間に不穏な空気が流れ始める。

MUSIC
  • Whenever I Call You Friend / Kenny Loggins and Stevie Nicks
  • Brave / Sara Bareilles
  • My Lovin’(You’re Never Gonna Get It) / En Vogue
  • Don’t Rain on My Parade / from “Funny Girl”
  • I Believe In A Thing Called Love / The Darkness
  • Every Breath You Take / The Police
  • Breakaway / Kelly Clarkson
#10 スターチャイルド争奪戦 - Trio

photo全国大会、そして卒業式と大きなイベントが控える中、心の準備ができていないティナは、卒業という言葉を聞くだけで泣き出すほど不安定になっていた。そんな彼女のために学校でオールナイト・パーティを開こうとするブレインとサム。だがそのパーティでティナとサムがキスしているのを目撃したブレインは、3人の想い出を台無しにしたと怒り出す。一方、ニューヨークではサンタナと絶交したレイチェルがスターチャイルドのアパートに押しかけ居候していた。サンタナとレイチェルのケンカに巻き込まれウンザリした彼は、バンドを辞めると言いだす。2人のケンカに辟易していたカートも同意し、スターチャイルドとダニの3人で新しいバンドを結成する。その頃ウィルはエマと子作りに奮闘していたがなかなか結果が出なかった。焦るエマをウィルは優しく慰めるのだった。

MUSIC
  • Jumpin’ Jumpin’ / Destiny’s Child
  • Barracuda / Heart
  • Don’t You(Forget About Me) / Simple Minds
  • Danny’s Song / Loggins and Messina
  • Gloria / Laura Branigan
  • The Happening / The Supremes
  • Hold On / Wilson Phillips
#11 LAで全国大会! - City of Angels

photoいよいよロサンゼルスでの全国大会当日。彼らを待っていたのはメルセデスだった。シンガーソングライターになる夢を諦めようとしていたマーリーは彼女のサクセス・ストーリーを聞いて落ち込む。それを知ったライダーとジェイクは一計を案じる。サムはウィルから「フィンの代わりにグリー部をリードしてくれ」と頼まれる。だが彼が持っていたフィンの写真をライバルのスロート・エクスプロージョンにバカにされ、嫌がらせを受けてしまう。フィンの母キャロルとカートの父バートも会場入りし、ついに本番の幕が上がる。スロート・エクスプロージョンのパフォーマンスに驚異を感じるメンバー。想いを新たに舞台に立った彼らはフィンのお気に入りの曲を歌い、サムは最後にフィンのドラムスティックを掲げ、全てを出し切るのだった。そして結果発表となるが……。

MUSIC
  • I Love LA / Randy Newman
  • Vacation / The Go-Go’s
  • Mr.Roboto / Counting Stars / Styx / One Republic
  • More Than A Feeling / Boston
  • America / Neil Diamond
  • I Still Haven’t Found What I’m Looking For / U2
#12 祝!100話目 - 100

photo全国大会で準優勝に終わり、廃部が決定したグリー部。ウィルは卒業生にも声をかけ、最後に過去の課題をアレンジする事にする。クインはボーイフレンドのビフを連れて来るが、パックは嫌味なビフの態度に苛立ちを隠せない。一方、再会するなりライバル意識むき出しで対立するレイチェルとメルセデスは、再びディーバ対決をする事に。だが未だレイチェルと冷戦状態のサンタナから暴言を吐かれ、落ち込む彼女を見たメルセデスは彼女と仲直りする。ブリトニーは大学生活が忙しすぎて昔のようにダンスもできない事を嘆く。そんな彼女を励ますように一緒に歌い踊るサンタナ。ブリトニーはまだ彼女に気持ちがあると伝えるが、ダニと付き合っているサンタナは答えに窮するのだった。エイプリルとホリー先生も駆けつけ、なんとかグリー部の窮地を救おうとするが……。

MUSIC
  • Raise Your Glass / P!nk
  • Toxic / Britney Spears
  • Defying Gravity / from “Wicked”
  • Valerie / Mark Ronson feat.Amy Winehouse(The Zutons)
  • Keep Holding On / Avril Lavigne
  • Happy / Pharrell Williams
#13 さようなら、シュー先生 - New Directions

photo卒業式が迫る中、エイプリルとホリー先生は未だグリー部の廃部を阻止するために奮闘していた。そんな彼女たちにスーはある妥協案を提案する。大学が決まらないティナは、NYADAに合格したブレインやブルックリンのフィルムスクールに進学するアーティたちと一緒にニューヨークに行く事にするが……。歩み寄ろうとするレイチェルに対し、頑なに彼女を拒絶するサンタナを見かねたブリトニーは、サンタナが本当に望んでいるのはブロードウェイではないはず、と彼女を諭す。それがきっかけとなり無事レイチェルと仲直りしたサンタナは、ブリトニーの存在の大きさを改めて実感し、一緒にニューヨークに来ないかと誘う。パックとクインはグリー部メンバーの前で堂々とカップル宣言。そして卒業式も終わり、何もなくなった音楽室でスーとウィルは語り合うのだった。

MUSIC
  • I Am Changing / from “Dream girls”
  • Party All the Time / Eddie Murphy
  • Loser Like Me / glee Original
  • Be Okay / Oh Honey
  • Just Give Me a Reason / P!nk feat. Nate Ruess
  • Don’t Stop Believin’ / Journey
#14 みんなでニューヨーク - New New York

photoブレイン、サム、アーティがニューヨークにやってきた。カートはブレインと一緒に暮らし始めるが、常に一緒にいる2人は次第に関係がギクシャクし始める。舞台のプロデューサーから専用車を贈られたレイチェルはすっかり有頂天に。ディーバ風をふかし始めていたが、アーティが地下鉄で強盗に遭ったと聞き、彼と一緒に地下鉄で劇場に通う事を選ぶ。サムはいつまでも仕事が決まらずだらけた生活を送っていたが、一念発起しメンズ下着モデルの仕事をゲット、モデル専門の寮に引っ越す。カートがスターチャイルドの話ばかりするのが気に入らず、以前から2人の関係を疑っていたブレインは、彼に直談判するが、大人な態度で諭される。我に返り反省したブレインはカートとの今後のために家を出る事を決める。サムも寮が合わずに戻ってきた矢先、突然メルセデスが現れる。

MUSIC
  • Downtown / Petula Clark
  • You Make Me Feel So Young / Frank Sinatra
  • Best Day of My Life / American Authors
  • Rockstar / A Great Big World
  • Don’t Sleep in the Subway / Petula Clark
  • People / from “Funny Girl”
#15 愛と危険 - Bash

photo公演が2週間後に迫り、レイチェルは舞台の稽古で大忙しの中、NYADAの冬の批評会でブレインとデュエットを披露。だがカルメン校長からデュエットは認めていないと言われ、やり直しを命じられる。舞台の準備で時間がないとレイチェルは訴えるが校長の態度は厳しく、レイチェルは勢い余って辞めると言って飛び出してしまう。心配したカートはなんとか思い止まらせようとするが、レイチェルは聞く耳を持たず、2人は喧嘩別れしてしまう。一方、ブレインとサムはレコーディングでニューヨークに来たメルセデスと同居していた。お互いへの気持ちが復活したサムとメルセデスだが、サムが関係を公にしたがるのに対し、メルセデスは躊躇していた。そんな時、ゲイの青年が暴行を受けているのを目撃したカートが、助けようとして自分も殴られ病院に運ばれてしまうという事件が起こる。

MUSIC
  • No One is Alone / from “Into The Woods”
  • (You Make Me Feel Like)A Natural Woman / Aretha Franklin
  • Broadway Baby / from “Follies”
  • Not While I’m Around / from “Sweeny Todd”
  • Colorblind / Amber Riley
  • I’m Still Here / from “Follies”
#16 性の悩み - Tested

photo学校でモテモテのアーティは女の子と次々デートし、なんとクラミジアに感染。その矢先、本命の女の子ジュリーからデートOKの返事をもらい、真実を告げるか苦悩する事に。ニューヨークに来て以来、美味しい料理にすっかりハマり、ついつい食べ過ぎた結果、体重が激増してしまったブレイン。恋人のカートは筋トレの効果ですっかり逞しくなり、さらにゲイの青年をかばって怪我をした武勇伝から学校での人気も急上昇していた。そんな彼に引け目を感じていたブレインは、カートに対してよそよそしくなり、アダルトサイトに逃避。それを知ったカートと大喧嘩してしまう。その頃、サムとメルセデスのカップルは順調に愛を育んでいたが、メルセデスがなかなか先に進もうとせず、サムは悩んでいた。結婚するまで待ちたいという彼女に対し、サムが出した結論は……。

MUSIC
  • Addicted to Love / Robert Palmer
  • I Want to Know What Love Is / Foreigner
  • Love Is A Battlefield / Pat Benatar
  • Let’s Wait Awhile / Janet Jackson
#17 いざ、夢の舞台へ - Opening Night

photoいよいよ『ファニー・ガール』の本公演が迫る中、レイチェルはかつてないプレッシャーに押しつぶされそうになっていた。原因はプレビュー公演を観た批評家やブロガーの批判コメント。見かねたカートから舞台が終わるまでネット禁止令を言い渡されるが、公演初日の前日に我慢できずにネットを見てしまう。辛辣なコメントを読んで自信を失くした彼女は舞台に立てないと言いだす始末。彼女の舞台を見るためにニューヨークにやってきたティナや仲間たちは何とかレイチェルを立ち直らせようとする。その頃、ウィルと一緒にニューヨークにやってきたスーは、劇場である男性と出会う。仲間たちの激励で舞台に立ったレイチェルは、見事なパフォーマンスで喝采を浴びる。カートたちと共にゲイバーに繰り出し、舞台の成功を祝った翌朝、レイチェルは恐る恐るレビューを見る。

MUSIC
  • Lovefool / The Cardigans
  • NYC / from “Annie”
  • I’m The Greatest Star / from “Funny Girl”
  • Who Are You Now / from “Funny Girl”
  • Pumpin Blood / NONONO
#18 ピンチとチャンス - The Back-Up Plan

photo『ファニー・ガール』は大成功を収め、レイチェルは大手エージェントと契約したが、TV向きではないと言われてしまう。そんな時、彼女の元にドラマのオーディションの話が舞い込んでくる。だがオーディションはハリウッド。舞台を休めない彼女にカートはブロードウェイを選ぶよう勧めるが、レイチェルは嘘をついて舞台を休み、ロサンゼルスに行ってしまう。一方カートとブレインは、NYADAのチャリティ・イベントで社交界の名士ジューンの前でパフォーマンスを披露。ジューンに気に入られたブレインは、彼女の次のイベントに出演する事に。カートも一緒にと言うが、ジューンからはキャリアのためにカートとは別れるべきと言われてしまう。その頃レコーディングが上手く行かないメルセデスは、サンタナに窮地を救われる。メルセデスは彼女と一緒に歌う事を希望するが……。

MUSIC
  • Wake Me Up / Avicii feat. Aloe Blacc
  • Doo Wop(That Thing) / Lauryn Hill
  • Story of My Life / One Direction
  • Piece of My Heart / Big Brother & Holding Company (Janis Joplin)
  • The Rose / Bette Midler
#19 イメージアップ作戦 - Old Dog, New Tricks

photo舞台をさぼってオーディションを受けた事がネットで暴露されたレイチェルは、サンタナを広報にして、イメージ回復のために犬の里親を探すチャリティ・イベントを計画。だがイメージアップに夢中になるあまり、カートと喧嘩してしまう。サムはシェルターからもらってきた犬を飼いたがるが、メルセデスは猛反対。サムは自分でも面倒が見られると証明しようとするが……。一方、カートはバイト先のダイナーで往年の名女優マギーと知り合い、彼女が住む高齢者施設の老人たちで行うミュージカル『ピーターパン』を観に行く事に。ところがピーターパン役の老人がリハーサル中に死亡。急遽カートがピーターパンを演じる事になる。カートはマギーが娘と疎遠になっていると知り、彼女に会いに行きマギーの舞台を見に来るよう説得する。そして『ピーターパン』の幕が開き……。

MUSIC
  • I Melt With You / Modern English
  • Memory / from “Cats”
  • Werewolves of London / Warren Zevon
  • Lucky Star / Madonna
  • Take Me Home Tonight / Eddie Money
#20 レイチェル・ベリー物語 - The Untitled Rachel Berry Project

photoレイチェルの番組を作るため、ロサンゼルスから脚本家メアリーがやって来るが、彼女が書き上げた脚本はかなり風変りなものだった。納得できないレイチェルは彼女を呼び出し、本当の自分を知ってもらうために彼女の前で歌を歌う。ツアーに出るメルセデスはサムとの関係に不安を覚えるが、結局彼の事を考え別れを選択する。一方、イベントにカートも一緒に出られるようジューンを説得していたブレインだが、彼女の返事はNO。仕方なくカートに真実を告げる。始めはショックで怒ったカートだったが、ブレインを許し彼の成功を祈る。イベントは成功し、ブレインは最後に突然カートとのデュエットを披露。会場は大いに盛り上がり、ジューンにも認められる。ニューヨークに集まった仲間たちは、それぞれに新しい道を進む事に。レイチェルが下した決断は……。

MUSIC
  • Shakin’ My Head / glee original
  • All of Me / John Legend
  • Girls on Film / Duran Duran
  • Glitter in the Air / P!nk
  • No Time at All / from “Pippn”
  • American Boy / Estelle feat. Kanye West
  • Pompeii / Bastille