1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to FOX main navigation
  3. Skip to show navigation
  4. Skip to content
  5. Skip to global fox navigation

glee シーズン3
Episodes エピソード
 
#01 舞台はニューヨークへ! - The New Rachel

photo全国大会で優勝したグリー部は、一躍マッキンリー高校の人気者の一員になっていた。そんなグリー部員たちの目下の関心事は「誰が新レイチェルになるか」ということ。ブレイン、ティナ、ブリトニー、そしてカーメル高校から転入してきたユニークは自分こそがリードシンガーだと自信を見せる。そんな中、グリー部のオーディションが始まり、転入生のマーリーが素晴らしい歌声を披露。同じくオーディションを受けたジェイクは、シュー先生に途中で止められ不満を見せる。その頃、NYADAに入学したレイチェルは、ダンスクラスの講師カサンドラから執拗にいびられ辛い日々を送っていた。フィンからの連絡もなく孤独を募らせるレイチェル。一方、オハイオに残ったカートの毎日も冴えない。そんな彼を見かねたブレインは、NYに行くようカートの背中を押すのだった。

MUSIC
  • Call Me Maybe / Carly Rae Jepsen
  • Americano/Dance Again / Lady Gaga / Jeniffer Lopez featuring Pitbull
  • Never Say Never / The Fray
  • New York State of Mind / Billy Joel
  • It's Time / Imagine Dragons
  • Chasing Pavements / Adele
#02 ブリトニー・スピアーズ2.0 - Britney2.0

photoチア部の新キャプテンとなったブリト二ーだが、落第点を取ったせいでスー先生からチア部を追放されてしまう。ショックで言動がおかしくなる彼女を心配したウィルは、ブリトニー・スピアーズの曲を課題にすることで、自信を取り戻させようとする。だがブリトニーの奇行はどんどんエスカレートするばかり。そんな彼女の真意をサムは見抜いていた。グリー部に入部したマーリーはジェイクの事が気になる様子。しかしジェイクはウィルからグリー部に入部するよう誘われても頑なに拒否していた。そんな彼の前に兄のパックが現れる。一方、NYではレイチェルが、同居人になったカートからカサンドラの評判を聞かされる。セクシーじゃないという理由でタンゴを教えてもらえなかったレイチェルは、上級生のブロディにこっそり協力してもらう。2人は急接近するが……。

MUSIC
  • Hold It Against Me / Britney Spears
  • Boys/Boyfriend / Britney Spears / Justin Bieber
  • Womanizer / Britney Spears
  • 3 / Britney Spears
  • Crazy/U Drive Me Crazy / Aerosmith / Britney Spears
  • Oops!...I Did It Again / Britney Spears
  • Gimme More / Britney Spears
  • Everytime / Britney Spears
#03 華麗なる変身 - Makeover

photoカートと遠距離恋愛になったブレイン。vogue.comのインターンとなり、新しい生活に夢中のカートは自分の話ばかりでブレインの話をあまり聞いてくれなくなっていた。その寂しさを埋めるためにいろいろなクラブ活動に参加していた彼は、生徒会長に立候補しようと決意する。ライバルは二期目を狙うブリトニーだ。2人はサムとアーティを副会長候補にして選挙戦を繰り広げる。一方、ウィルはスランプに陥っていた。スー先生から全国大会優勝を果たし燃え尽きたと指摘された彼は、新たな夢として芸術教育を変えるプログラムに参加しようと考える。だがそのためには一時的に学校を去らなくてはならなかった。その頃、カートと彼の上司であるイザベラの協力で大変身したレイチェルは、どんどんブロディと親しくなっていた。そんな彼女の前に突然フィンが現れ……。

MUSIC
  • Everybody Wants To Rule The World / Tears For Fears
  • Celebrity Skin / Hole
  • The Way You Look Tonight / You're Never Fully Dressed Without A Smile / Fred Astaire / Annie
  • A Change Would Do You Good / Sheryl Crow
#04 涙の別れ - The Break-Up

photoフィンと気まずい再会を果たしたレイチェル。怪我で除隊を余儀なくされた後、将来を見失って途方に暮れていたフィンを見かねたレイチェルは、彼をNYADAに連れて行く。しかしフィンは学校でのレイチェルの様子を見るにつれ、ここは自分の居場所ではないと痛感するのだった。そうとも知らずレイチェルとカートはNYADAの学生のたまり場となっているカラオケ・バーに彼を連れて行こうとする。そこに突然ブレインがカートを訪ねてやってくる。久しぶりの再会を喜ぶ4人は一緒にバーへ行くが、互いに想いがすれ違っていく。翌朝、レイチェルに黙って去ったフィンは、ウィルに会いにマッキンリー高校へ。フィンの様子を心配したウィルは、彼にグリー部を手伝ってもらうことにする。その時、同じく学校を訪れていたサンタナ、そしてウィル自身も大きな転機を迎えていた。

MUSIC
  • Barely Breathing / Duncan Sheik
  • Give Your Heart A Break / Demi Lovato
  • Teenage Dream / Katy Perry
  • Don't Speak / No Doubt
  • Mine / Taylor Swift
  • The Scientist / Coldplay
#05 主役は渡さない! - The Role You Were Born to Play

photoとりあえず地元に戻ったフィンを見かねたアーティは、学内ミュージカルでやるグリースの共同監督を提案する。オーディションを始めた2人はブレインを主役にと考えるが、カートとの関係に悩むブレインは主役どころではなく辞退。主役探しに頭を抱えるフィンは、フットボール場で周囲から孤立していた選手ライダーに目を留める。どこか昔の自分に通じるものを感じた彼は、ライダーをオーディションに誘う。その頃、マーリーのせいでジェイクと別れる事になったと考えるチア部のキティは、彼女がヒロイン役を狙っていると知り自分も立候補する。一方、オーディションを受ける決意をしたライダーがマーリーと意気投合したのを見たジェイクもまた、嫉妬からオーディションに参加する。その頃、スー先生はユニークが女性の役を希望していると知り猛反対していた。

MUSIC
  • Hopelessly Devoted To You / from “Grease”
  • Blow Me (One Last Kiss) / P!NK
  • Juke Box Hero / Foreigner
  • Everybody Talks / Neon Trees
  • Born to Hand Jive / from “Grease”
#06 グリークラブのグリース - Glease

photoウィルは自分が学校を離れている間、フィンにグリー部を任せる事にする。それに猛反対するスー先生は音楽堂を借り切りフィンの邪魔をする。仕方なくカートの父バートの修理工場で練習する部員たち。しかしそれが彼らのイマジネーションを刺激し、練習は充実したものに。一方、ヒロイン役を射止めたマーリーは、衣装合わせで前日まで着られた衣装が入らないことに驚いていた。実はキティの策略だったがそうとは知らないマーリーは、どんどん自分を追い詰めていく。そんな彼女を優しく励ましたのはライダーだった。その頃、オフ・ブロードウェイのオーディションを受けることになったレイチェルは、カートと一緒にグリースを見に行くべきか悩んでいた。そんな2人に行くべきだとアドバイスするカサンドラ。それも彼女の策略とは知らず、レイチェルはオハイオに帰るが……。

MUSIC
  • Greased Lightning / from “Grease”
  • Look At Me I'm Sandra Dee / from “Grease”
  • Beauty School Drop Out / from “Grease”
  • Look At Me I'm Sandra Dee Reprise / from “Grease”
  • There Are Worse Things I Could Do / from “Grease”
  • You're The One That I Want / from “Grease”
  • Summer Nights / from “Grease”
#07 ウォブラーズの陰謀 - Dynamic Duets

photoブレインがスーパーヒーロークラブの会議をしている最中、全国大会のトロフィーが盗まれたとの知らせが入る。現場にはダルトン・アカデミーの謎の人物からの犯行声明が。トロフィーを取り戻しに行ったブレインは、ウォブラーズの新部長ハンターから、再びダルトン校に戻るよう誘われ、心が揺れ動く。地区大会への案を部員たちから却下され落ち込むフィンは、ビースト先生に相談。彼女はフィンにもスーパーヒーローになれとアドバイスする。マーリーをめぐって対立するライダーとジェイクは、フィンからデュエットをするよう指示されるが、結局パフォーマンスを披露した後にケンカしてしまう。フィンは仲直りさせるため、お互いの弱みを告白するよう2人に命じるのだった。そこでライダーから失読症であることを告白されたジェイクは、フィンに相談するのだった。

MUSIC
  • My Dark Side / Kelly Clarkson
  • Superman / R.E.M.
  • Holding Out For A Hero / Bonnie Tyler
  • Heroes / David Bowie
  • Some Nights / fun.
#08 母校に帰ろう! - Thanksgiving

photo感謝祭が近づき、クイン、パック、マイク、サンタナ、メルセデスら旧グリー部員たちが地元に帰ってくる。部員たちのたまり場だったブレッドスティックで再会を懐かしむ彼らだったが、そこにカートとレイチェルの姿はなかった。フィンの頼みで現グリー部員たちに個別指導をする事になった旧メンバーたち。クインはマーリーの様子が不安そうなことに気がつく。マーリーは地区大会に向けて無理なダイエットを続けていた。そうとは知らないクインはキティの入れ知恵で、ジェイクのせいでマーリーが翻弄されていると誤解し、ジェイクに釘を刺す。一方、地元に帰らないと決めたレイチェルとカートはNYで感謝祭を過ごす事にする。ブロディとの仲が進展したレイチェルは彼も感謝祭に誘い、カートも上司のイザベラを誘う。そんな中、いよいよ地区大会の幕が上がるが……。

MUSIC
  • Homeward Bound / Home / Simon & Garfunkel / Phillip Phillips
  • Come See About Me / The Supremes
  • Whistle / Flo Rida
  • Live While We're Young / One Direction
  • Let's Have A Kiki / Turkey Lurkey Time / Scissor Sisters/ from “Promises, Promises”
  • Over the River and Through the Wood / She'll Be Coming 'Round the Mountain / Lydia Maria Child / Carl Sandburg
  • Gangnam Style / PSY
#09 勝負の時 - Swan Song

photo地区大会の本番中にマーリーが気絶した事で、ウォブラーズに負けてしまったニュー・ディレクションズ。スー先生は、「大会に出られないなら練習部屋は必要ない」と音楽室を取りあげ、全国大会のトロフィーまで奪おうとする。フィンは校長に訴えるが、今度ばかりはグリー部に勝ち目はなかった。ようやくグリー部を打ち負かしたスー先生だったが、なぜかむなしさがこみ上げてくる。部員たちはこうなったのもマーリーのせいと彼女を責め、結局彼らはバラバラになってしまう。フィンはもう一度彼らをひとつにしようと奔走する。その頃、NYではレイチェルが、選ばれた者しか参加できないカルメン校長主催の冬の発表会に選出され、興奮を隠しきれずにいた。一方NYADA入学の準備をしていたカートは、自らカルメン校長のもとへ行き、オーディションテープの感想を聞くが……。

MUSIC
  • Something Stupid / Carson & Gaile
  • All That Jazz / from “Chicago”
  • Being Good Isn't Good Enough / Barbra Streisand
  • O Holy Night / Adolphe Adam
  • Being Alive / from “Company”
  • Don't Dream It's Over / Crowded House
#10 クリスマスに贈る物語 - Glee, Actually

photo転んで怪我をしたアーティは車椅子の自分に嫌気が差す。そんな彼が保健室で夢を見る。彼は普通に歩いていた。そこに夢先案内人のローリーが現れ、アーティが車椅子じゃなかった世界だと説明する。それはあまりにも殺伐とした世界だった。一方、NYにいたカートは、父バートの突然の訪問に喜ぶ。だが彼から突然病の告白をされショックを受ける。そんな彼にバートはとびきりのプレゼントを用意していた。ジェイクはL.A.で働くパックの元を訪ね、彼の案内でハリウッドのスタジオを満喫する。クリスマスに向けて、友人たちに豪華なプレゼントを配りまわっていたブリトニー。彼女が自分と同じようにマヤの世界滅亡説を信じていたと知ったサムは……。スー先生はシークレット・サンタでマーリーの母ミリーにプレゼントをあげることに。悩んだ末、彼女がプレゼントしたものは……。

MUSIC
  • Feliz Navidad / José Feliciano
  • White Christmas / Irving Berlin
  • Hanukkah, Oh Hanukkah / Traditional
  • Jingle Bell Rock / Bobby Helms
  • The First Noel / Traditional
  • Have Yourself a Merry Little Christmas / Judy Garland
#11 肉食系女子の恋愛事情 - Sadie Hawkins

photoサムはウォブラーズが地区大会で不正をしたのではないかと疑っていた。そこでブレインに協力してもらい、2人で真相を明らかにしようとする。マッキンリー高校では女子が男子を誘うダンス・パーティが開催される事になり、男子たちは誰から誘われるかソワソワしていた。グリー部のモチベーションをどう維持していけばいいのか悩んでいたフィンは、ビースト先生からパーティに関連した課題を出せばとアドバイスされ、女子から歌でダンスの相手を申し込む課題を提案する。そこでティナは気になっていたブレインに歌を捧げるが……。一方、NYADAへの入学が認められたカートは、ここにも生徒たちの間にヒエラルキーがあると感じる。レイチェルはブロディとのデートで忙しく、あんまり相手にしてもらえないカートは、アダムのリンゴというグリークラブに興味を持つ。

MUSIC
  • I Don't Know How to Love Him / from “Jesus Christ Superstar”
  • Baby Got Back / Sir Mix-a-Lot
  • Tell Him / Johnny Thunder
  • No Scrubs / TLC
  • Locked Out of Heaven / Bruno Mars
  • I Only Have Eyes For You / The Flamingos
#12 ヌードに挑戦 - Naked

photoダルトン校の不正が発覚し、ウォブラーズに代わって急遽州大会への出場が決まったニュー・ディレクションズ。だが大会のための旅費集めの必要に迫られ、ティナは男子メンバーたちのセクシー・カレンダーを作って販売することを思いつく。そんな中、大学進学適正試験(SAT)のスコアで最低点を取ってしまったサムは、頭の悪さを体でカバーしようと暴走し始める。そんな彼を心配したブレインは、密かにエマに相談する。一方、アーティはカレンダー・プロジェクトに浮かない顔。彼はフィンにコンプレックスを告白するのだった。その頃、レイチェルは学生映画の主演に抜擢される。だがその映画にはヌードシーンがあった。それを知ったカートは反対するが、レイチェルは出演を決断。そこでクインとサンタナを緊急招集し、彼女たちにレイチェルを説得してもらおうとする。

MUSIC
  • Torn / Natalie Imbruglia
  • Centerhold / Hot in Herre / The J. Geils Band / Nelly
  • A Thousand Years / Christina Perri
  • Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself) / Ne-Yo
  • Love Song / Sara Bareilles
  • This Is The New Year / Glee Original
#13 真夜中の決闘 - Diva

photo冬の発表会で喝采を浴びて以来、レイチェルはどんどんわがままになっていた。いよいよそれに耐えられなくなったカートは、彼女にNYADA伝統の“真夜中の決闘”を申し込む。自信満々な彼女にかつてグリー部でディーバ対決をした時に音を外した真相を明かすカート。それを聞いたレイチェルはショックを受ける。一方、マッキンリー高校でも部員たちのモチベーションについて悩むフィンに、エマが再びディーバ対決をすることを提案。ティナ、マーリー、ブリトニー、ユニーク、ブレインが競う事になる。そんな彼らの前にサンタナが現れディーバとは何かを指南。彼女が大学を辞めた事を知ったスー先生は自分の後継者になるよう勧めるが……。ブリトニーとサムが付き合っている事を知ったサンタナは2人を妨害。そんな彼女にブリトニーは前に進むようアドバイスする。

MUSIC
  • Diva / Beyoncé
  • Don't Stop Me Now / Queen
  • Nutbush City Limits / Ike and Tina Turner
  • Make No Mistake (She's Mine) / Barbra Streisand with Kim Carnes
  • Bring Him Home / from “Les Misérables”
  • Hung Up / Madonna
  • Girl On Fire / Alicia Keys
#14 シュー先生の結婚式 - I Do

photoウィルとの結婚式の準備でパニック状態になったエマに思わずキスしてしまったフィン。2人に気まずい空気が流れる中、ウィルがワシントンD.C.から帰ってくる。グリー部員たちに結婚式の曲を課題に出したウィルは、生徒たちに式で歌ってほしいと頼む。さらに花婿の付添い人として歌って欲しいとウィルから頼まれたフィンは、罪悪感からレイチェルに相談。レイチェルはフィンとデュエットする事になる。マーリーから少し早いバレンタイン・プレゼントをもらったジェイクは、どうお返ししたらいいのか分からないとライダーに告白。そこで彼のアドバイスの元、マーリーにさまざまなバレンタイン・プレゼントを贈る。そんな中、いよいよ迎えた結婚式当日。式には旧メンバーも集まり、会場は愛のムードが高まっていくが、混乱が収まらないエマは式を逃げ出してしまう。

MUSIC
  • You're All I Need To Get By / Marvin Gaye and Tammi Terrell
  • Getting Married Today / from “Company”
  • Just Can't Get Enough / Depeche Mode
  • We've Got Tonite / Bob Seger
  • Anything Could Happen / Ellie Goulding
#15 映画音楽対抗戦 - Girls(and Boys)on Film

photoエマが式から逃げ出して以来、すっかり落ち込んでいたウィル。毎晩古い映画を見て一人の夜を過ごしていた彼は、ある時見た夢に触発され、映画音楽を課題にして、男女のマッシュアップ対決をする事にする。フィンはウィルにエマを探すよう言うが、ウィルはすっかり諦めムード。そこでフィンはアーティと一緒にエマの両親を訪ね、上手く彼らを言いくるめてエマの居場所を聞き出す事に成功する。ウィルはグリー部員たちの協力を得て、エマの元に向かうのだった。一方、大雪で家に閉じ込められていたレイチェルは、サンタナやカート、そして彼といい雰囲気のアダムと共に、ミュージカル映画を見ていた。だが家から出られない事で次第にフラストレーションを募らせていったサンタナは、ブロディへの疑念をしつこく主張し、さらにレイチェルのある秘密を追究し始める。

MUSIC
  • You're All The World To Me / Fred Astaire from “Royal Wedding”
  • Shout / The Isley Brothers from “National Lampoon’s Animal House”
  • Come What May / from “Moulin Rouge”
  • Old Time Rock & Roll / Danger Zone / Bob Seger from “Risky Business” / Kenny Loggins from “Top Gun”
  • Diamonds Are A Girl's Best Friends/Material Girl / Marilyn Monroe from “Gentlemen Prefer Blondes”/ Madonna
  • In Your Eyes / Peter Gabriel from “Say Anything…”
  • Unchained Melody / Todd Duncan from “Ghost”
  • Footloose / Kenny Loggins from “Footloose”
#16 歌って解決 - Feud

photoフィンがエマにキスをした事をウィルに告白して以来、2人の間には緊張した空気が漂っていた。これに業を煮やした生徒たちは、2人に争いをテーマにパフォーマンス対決をする事を提案する。気乗りせず話し合いで解決しようとするフィンに対し、ウィルは冷たい言葉を投げかける。一方、スー先生に呼び出されたブレインは、チア部の練習に出てくるよう脅す彼女に怒り、歌での対決を挑むのだった。ユニークのアイデンティティーを理解できずにいたライダーも、チャット相手のケイティから歌で対決してみては? とアドバイスされる。その頃、サンタナはブロディにレイチェルから離れるよう警告する。彼女に手を焼いたレイチェルとカートは、サンタナを家から追い出すが、それでもブロディに対する追及の手を緩めない彼女は、ある方法でついに真実を突き止める。

MUSIC
  • How To Be A Heartbreaker / Marina and the Diamonds
  • The Bitch Is Back / Dress You Up / Elton John / Madonna
  • Cold Hearted / Paula Abdul
  • Bye Bye Bye / I Want It That Way / 'N Sync / Backstreet Boys
  • I Still Believe/Super Bass / Brenda K. Starr/Nicki Minaj
  • Closer / Tegan and Sara
#17 どうしても止められない! - Guilty Pleasures

photoサムが学食から大量のマカロニを盗むところを見てしまったブレイン。サムから実はマカロニアートが趣味だと告白されたブレインは、自分もワムが好きだと告白。恥ずかしい秘密を共有したことで絆が深まったと実感した2人は、“禁断の楽しみ”を課題として提案する。キティの禁断の楽しみがスパイス・ガールズだと知ったブリトリーは、つい女子メンバーにその事を言ってしまう。バカにされるかと思ったキティだが、思いがけずみんなに共感され、女子メンバーでスパイス・ガールズのパフォーマンスをする事に。一方、NYではカートがサンタナからブロディが実はジゴロだった事を聞かされていた。『ファニー・ガール』のオーディションを控えるレイチェルを想って2人は秘密にするが、突然ブロディから別れを告げられたレイチェルの様子に耐えかねたサンタナが真実を伝えてしまう。

MUSIC
  • Wake Me Up Before You Go-Go / Wham!
  • Copacabana / Barry Manilow
  • Against All Odds (Take a Look at Me Now) / Phil Collins
  • Wannabe / Spice Girls
  • My Prerogative / Bobby Brown
  • Creep / Radiohead
  • Mamma Mia / ABBA
#18 最後に伝える言葉 - Shooting Star

photo部員たちが集まる音楽室で、突然、隕石の墜落で世界が終わると言い出したブリトニー。メンバーに愛する人たちと最後の時を過ごすようにとアドバイスする彼女の発言をヒントに、ウィルは今週の課題を“最後に贈りたい曲”にする。ネットで知り合ったケイティに夢中になっていたライダーは、校内で見かけた彼女に歌を贈る。だが彼女から自分は彼が探すケイティではないと言われ、誰かにだまされたと知ったライダーは怒りを隠せない。そんな彼の元にケイティからメッセージが届き、2人は翌日音楽室の前で会う約束をする。ベッキーから卒業後の不安を相談されたブリトニーは、きちんと準備をすれば大丈夫と励ます。一方、突然ビーストから告白されたウィルは、その気まずさを忘れてもらおうと、彼女を音楽室に招待する。その矢先、校内に2発の銃声が鳴り響き……。

MUSIC
  • Your Song / Elton John
  • More Than Words / Extreme
  • Say / John Mayer
#19 夢に向かって - Sweet Dreams

photoグリー部を去ったフィンは、グリー部を通じて見つけた夢である教師になるため、大学に通い始める。彼と遊びたいパックまでが寮に入り、2人は思いがけずパーティ三昧でエキサイティングな大学生活を送るようになる。ビーストにフィンと仲直りするようアドバイスされたウィルは、大学まで彼を訪ね、もう一度グリー部を手伝って欲しいと話す。一方、グリー部員たちは発砲事件のトラウマで様子がおかしくなっていた。マーリーは州大会で自作の曲を歌いたいと思っていたが、周りの雰囲気に飲み込まれ言い出せずにいた。その頃、『ファニー・ガール』のオーディションを控えるレイチェルは準備に余念がなかった。彼女の生みの母であるシェルビーからバーブラの曲だけは歌わないようアドバイスされたレイチェルはフィンに相談。彼の励ましを受けたレイチェルが選んだ曲は……。

MUSIC
  • Next To Me / Emeli Sandé
  • Fight for Your Right (To Party) / Beastie Boys
  • You Have More Friends Than You Know / Mervyn Warren and Jeff Marx
  • Don't Stop Believin' / Journey
  • Outcast / Glee Original
#20 大停電 - Lights Out

photo州大会に出場するライバル・チームに強力なヴォーカリストがいると知ったウィルは、ニュー・ディレクションズでも迫力のあるスタイルを練習すると決意。だがその矢先、学校が停電となり、彼は急遽今回の課題をアンプラグドに変更する。ライダーはケイティにだけ打ち明けていた秘密があるとジェイクに告白。彼は会った事もない人間に話すより仲間たちに話せとアドバイスする。ライダーは自分のパフォーマンスの後にみんなに秘密を打ち明けるが、周りの男子はそれのどこが悩みなのか分からないという態度。そんな中、キティだけは彼に理解を示し、自分の秘密を明かすのだった。一方、NYではバーでダンサーとして働くサンタナをレイチェルたちが心配していた。才能を無駄にして欲しくない2人は、チャリティ・バレエ・イベントの手伝いにサンタナも誘うのだった。

MUSIC
  • You've Lost That Lovin' Feelin' / The Righteous Brothers
  • Everybody Hurts / R.E.M.
  • We Will Rock You / Queen
  • Little Girls / from “Annie”
  • At The Ballet / from “A Chorus Line”
  • Longest Time / Billy Joel
#21 一歩を踏み出す勇気 - Wonder-ful

photoグリー部に嬉しいニュースが続々と舞い込んでくる。レイチェルは『ファニー・ガール』のオーディションで最終候補に残り、ウィルはエマに再プロポーズをして、OKをもらっていた。そんな中、ブルックリンの映画学校に合格したアーティは浮かない顔。その様子に気づいたキティはアーティから話を聞きだし、こっそり彼の母親に連絡する。カートは父親の経過観察の結果を知るために帰郷。グリー部の強化を手伝うために戻っていたメルセデスとマイクと再会する。カートと会い、改めて彼への愛を感じたブレインは、ある決意を秘めカートの父バートに会いに行く。一方、NYではレイチェルが、『ファニー・ガール』のオーディションがダンスの試験と重なり悩んでいた。そんな彼女にカサンドラは嫌味を言いながら試験を朝に変更したと伝える。そこで彼女を待っていたものは……。

MUSIC
  • Signed, Sealed, Delivered I'm Yours / Stevie Wonder
  • Superstition / Stevie Wonder
  • You Are The Sunshine of My Life / Stevie Wonder
  • I Wish / Stevie Wonder
  • Uptight (Everything’s Alright) / Stevie Wonder
  • Higher Ground / Stevie Wonder
  • For Once In My Life / Stevie Wonder
#22 幸せへ向かって - All or Nothing

photo州大会の日が近づき、部員たちの意気も上がる中、グリー部員の中にケイティを名乗る人物がいると疑っていたライダーが、ケイティの正体を明かすまで大会に出ないと宣言。荒れる彼を心配した思いがけない人物が名乗りを上げる。SATで高スコアを出し、MITに招待されたブリトニーは、大学見学から帰ってきて以来態度が豹変。セットリストを全曲自分のソロに変えるよう主張し、チア部を辞めた挙句、サムとも別れると言い出す。明らかに様子がおかしい彼女を心配したサムはサンタナに連絡する。周囲の反対にも関わらず、カートにプロポーズするためティナと一緒に指輪を見に行ったブレインは、そこで心強い味方に出会う。ケイティの真実を知り、友人にだまされていたことに深く傷ついたライダーだったが、悩んだ末州大会への出場を決意。そしていよいよ大会の幕が上がる……。

MUSIC
  • To Love You More / Celine Dion
  • Rainbow Connection / Paul Williams and Kenneth Ascher
  • Clarity / Zedd featuring Foxes
  • Wings / Little Mix
  • Hall of Fame / The Script featuring will.i.am
  • I Love It / Icona Pop featuring Charli XCX
  • All or Nothing / Glee Original