Season4 Episodes

photo

#01 友と敵 - Friends and Enemies
元スパイ、サイモンの手から組織の上層部の命を救ったものの、マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)は組織の私設刑務所のような場所に監禁されていた。彼の前に現れたのがヴォーン(ロバート・ウィズダム)。彼はサイモン逃亡を手助けした黒幕につながる闇組織を見つけるため、パートナーとして一緒に仕事をしないかとマイケルを誘う。その後、マイアミに戻ったマイケルは、休む間もなく、バイカーのギャングに脅されている弁護士ウィンストン(リッチ・ソマー)を助けているサム(ブルース・キャンベル)とフィオナ(ガブリエル・アンウォー)をサポート。フィオナはマイケルの無事を喜ぶが、彼がヴォーンと働きたいと切り出すと不快感を示す。

photo

#02 新しい仲間 - Fast Friends
サムからも反対されるが、マイケルは再びヴォーンに会う。彼から、マイケルのために誤って解雇されてしまった元スパイのジェシー(コビー・ベル)の情報を得るよう、指示される。偶然にも、組織から離れたため、後ろ盾を無くしたジェシーは仕方なく同じ身の上の元スパイであるマイケルに助けを求めてくる。マイケルは罪悪感からジェシーを匿い、彼の敵であるアジアの元麻薬王カーン(バイロン・マン)が違法武器の所持で逮捕されるよう仕組む。が、ジェシーが彼らに捕まってしまう。命がけで自分を助けようとしてくれたマイケルらに心を許すジェシー。フィオナの口利きで彼はマイケルの実家でマデリン(シャロン・グレス)と暮らすことになる。

photo

#03 港のマフィア - Made Man
同じ敵を追っているなら一緒に組もうとマイケルはジェシーを仲間に引き込む。ジェシーは「コブラ」という銃器密輸人を追っていたことをマイケルたちに打ち明ける。真相究明のために埠頭に聞き込みに向かった彼らは、ギャングに脅迫を受けている警備員ハンク(マックス・パーリック)を見つけ、情報提供と引換えに彼を助けると約束する。 ハンクら警備員はマフィアたちに積荷を盗まれて、困っていた。正義感の強いジェシーはマフィアを一掃しようと提案。マイケルはFBI捜査官に成りすまし、マフィアのボス、トニー・キャロウ(ネストール・セラノ)に近づくが、偽物だと露呈。そこでサムが悪党に扮しトニーに近寄ると、今度は気に入られてしまう。

photo

#04 閉じ込められたスパイ - Breach of Faith
フィオナとジェシーは「コブラ」らしき武器ディーラーの遺体確認のためにバハマに出張。マイケルはサムから、チャリティー団体を営む友人夫妻を助けたいと頼まれる。彼らは投資会社に資金を騙し取られたという。自宅に行くと夫のジョシュ(フランク・ホエーリー)は不在。妻ライラ(ミシェル・シムズ)から彼が投資会社に直談判に行ったと聞かされる。サムとマイケルはジョシュの後を追うが、彼は投資家ニック・マディソン(クレイトン・ローナー)と秘書パティ(レイ・シーホーン)を人質に立てこもる。マイケルとサムは駆け付けた警察相手に一芝居、打つ。一方、フィオナとジェシーは手掛かりの住所で隣人ケンドラ(ナヴィ・ラワット)と出会う。

TOPへ