Season2 Episodes

photo

#01 不法侵入 - Breaking and Entering
マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)は自分を解雇通告した組織の人間とついに対面……するはずが、逆に仕事を請け負わされてしまう。依頼の内容はコンピュータ技術者のジミー(パトリック・フィシュラー)をサポートして、以前、彼が勤めていた民間軍事会社のデータを盗むというもの。ジミーはマイケル同様、組織から勝手に目を付けられ、もしも仕事をしなければ、家族の命がないと脅されていた。ジミーに同情し、組織と対決するどころか、結局、マイアミに舞い戻り、仕事を再開するはめになったマイケル。彼の不在の間、本気で彼の身を案じていたフィオナ(ガブリエル・アンウォー)は現在の恋人同様の関係を解消しようとマイケルに切り出す。

photo

#02 疑惑の任務 - Turn and Burn
自分を解雇した黒幕の手先と思われるカーラ(トリシア・ヘルファ)と接触したマイケルは大金と引き換えにまたもや仕事を依頼されるはめに。今度の仕事はチュニジア人のネフジ(エリック・アヴァリ)にIDカードの複製をやらせること。同じ時期、サム(ブルース・キャンベル)がストーカーに悩まされている友人ソフィア(ジャクリーン・ピノル)をマイケルに引き合わす。ウェイトレスをしている彼女は客のラウル(ケヴィン・アレハンドロ)のストーカー行為に困っていると言う。ところがマイケルたちが調べてみるとラウルは麻薬のディーラーであることが判明。マイケルがソフィアに詰め寄ると、彼女は自分が捜査官で潜入調査中であることを打ち明ける。

photo

#03 信頼関係 - Trust Me
カーラの情報を得るため、マイケルはサムとともにパキスタン領事館に乗り込む。館内の書類を盗み、それをもとに諜報員と取引をするためだ。そんな危険な任務をしながらも、マイケルは母親(シャロン・グレス)やフィオナのポーカー仲間ダイアン(シンディ・ピケット)とその息子アンディ(マイケル・ノートン)の危機を聞かされると、やはり人助けに乗り出す。彼らは借金が返済できず、高利貸しに命を狙われていた。原因はアンディがクラブの投資と偽った明らかに古典的な詐欺に引っかかったせい。マイケルとフィオナは気の毒なアンディのお金を取り戻すため、クラブ経営者で詐欺師のジーク(パトリック・ファビアン)を逆に騙し返そうとする。

photo

#04 スパイの戦友 - Comrades
何とかして手に入れたカーラの極秘書類から彼女が農業コンサルタントに偽装していることを知ったマイケル。農業関係者に顔が効くハーヴェイ(ラリー・ミラー)から情報を聞き出そうとサムが接待するが、なかなか上手くいかない。その頃、マイケルは久しぶりに会った弟ネイト(セス・ピーターソン)から同僚のカティア(エミリー・フォクスラー)を助けたいと相談される。彼女はロシアから密入国させようとした妹を人質にとられ、大金を請求されていた。密入国の仲介業者イワン(アンドリュー・ディヴォフ)の捕獲に失敗したマイケルたちは彼を騙すため、芝居を打つ。マイケルがイワンの同業者に扮し、なんとネイトも警官役で協力することに。

TOPへ