Breakout Kings/ブレイクアウト・キング

イントロダクション

「プリズン・ブレイク」のスタッフが放つ正統派スピンオフ

Breakout Kings/ブレイクアウト・キング

海外ドラマの金字塔「プリズン・ブレイク」には、正統派スピンオフがあった!!!

日本中に海ドラブームを巻き起こした火付け役「プリズン・ブレイク」のプロデューサーが、もう一つの脱獄シリーズを手掛けた。その名は、「ブレイクアウト・キング」。 「プリズン・ブレイク」では囚人の脱獄を描いていたのだが、本作では奇想天外な切り口で脱獄犯を捕まえる物語をスリリングに描く一話完結の心理戦クライム・サスペンス。

脱獄から72時間経過した犯人の拘束できる確率は、わずか5%―。

囚人を捕えるには囚人をつかえ!!そんな発想から元海兵隊の連邦保安官チャーリーと、停職中のワケあり保安官ザンカネーリが、脱獄犯捕獲のため、「プリズン・ブレイク」のマイケル・スコフィールドより高いIQの心理学者、賞金稼ぎ、そして情報屋などの極悪囚人とタッグを組み史上最強の追跡チームを結成。囚人たちが協力する交換条件は“減刑”、但し罰則は全体責任で重刑。脱獄犯と“ブレイクアウト・キング”たちの心理戦だけでなく、チームを構成する保安官と囚人たちの駆け引きからも目が離せない。

さらに、本シリーズはティーバッグが登場するエピソードがあり、「プリズン・ブレイク」ファンはこれを見なければ真のコンプリートとは言えない!!
ページのトップへ▲