BONES(ボーンズ)-骨は語る- シーズン9

“骨”のカケラが事件の真犯人を導き出す

レンタル配信中&DVD発売・レンタル中!

デジタル配信

  • amazon instant video
  • PlayStation Store
  • TSUTAYA TV
  • Xbox Video

セル&レンタル

購入する
  • amazon
  • HMV
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • TOWER RECORDS

ブルーレイ&DVD詳細

レンタルする

レンタル詳細

商品詳細

角川文庫×20世紀フォックスホームエンタテインメント コラボ企画!

  • コラボキャンペーン第二弾
  • コラボキャンペーン第三弾

INTRODUCTION

BONESファン感涙! ブレナンとブースがついにゴールイン!

CAST

  • テンペランス・ブレナンDr. Temperance Brennan

    ジェファソニアン法医学研究所に所属する世界有数の法人類学者にしてベストセラー作家

    エミリー・デシャネルEmily Deschanel

    1976年10月11日L.A.生まれ。父は撮影監督のキャレブ・デシャネル、母メアリー、妹ズーイーも女優という芸能一家に育つ。1994年『あなたに降る夢』で映画デビュー。主な出演作は『ローズ・レッド』(’02)、映画『コールドマウンテン』(’03)『スパイダーマン2』(’04)、父キャレブが撮影監督をした『私の中のあなた』(’09)など。最新作は、『The Perfect Family』(’11)。

  • シーリー・ブースSeeley Booth

    スナイパー出身のFBI捜査官。明朗単純な体育会系で、理論派のブレナンとは正反対の性格

    デヴィッド・ボレアナズDavid Boreanaz

    1969年5月16日ニューヨーク生まれ。1997年、『吸血キラー/聖少女バフィー』のヴァンパイア、エンジェル役でブレイク。スピンオフ『エンジェル』(’99~’04)も製作された。その他の出演作に『バレンタイン』(’01)や『幸せになる彼氏の選び方~負け犬な私の恋愛日記~』(’02)、『クロウ-真・飛翔伝説-』(’05)などがある。最新作は映画『OfficerDown』(’12)。

  • アンジェラ・モンテネグロAngela Montenegro

    復顔や似顔絵などを担当するアーティスト兼有能なプログラマー

    ミカエラ・コンリンMichaela Conlin

    1978年6月9日ペンシルバニア生まれ。2001年『LAW & ORDER』で女優デビューを果たす。翌年『MDs』という医療ドラマに1年間レギュラー出演。主な出演作は『ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男』(’01)や『犯罪捜査官ネイビーファイル』(’03)、映画『魔法にかけられて』(’07)、『リンカーン弁護士』(’11)など。

  • ジャック・ホッジンズDr.Jack Hodgins

    土壌学、植物学、昆虫学の博士号を持つ専門家で陰謀好き

    T・J・サインT.J.Thyne

    1975年3月7日ボストン生まれ。エキストラを経て1998年に本格的に俳優の道に進み、数多くの映画・ドラマに出演。主な出演作に『エリン・ブロコビッチ』(’00)、『ゴースト・ワールド』(’01)、『エンジェル』(’03、’04)、『CSI:NY』(’05)、『The O.C.』(’05)、『24 -TWENTY FOUR-』(’05)などがある。映画『Shuffle』(’11)で初主演。

  • カミール・サローヤンDr.Camille Saroyan

    変わり者揃いのジェファソニアンのラボをまとめる法医学者

    タマラ・テイラーTamara Taylor

    1970年9月27日、トロント生まれ。1996年、『サンフランシスコの空の下』で本格的に女優の道へ。主な出演作は『CS:Iマイアミ』(’04)、『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』(’04)、『LOST』(’05)、映画『セレニティー』(’05)、『NUMB3RS 天才数学者の事件ファイル』(’06)など。映画『Shuffle』(’11)でT. J.サインと共演している。

  • ランス・スイーツDr.Lance Sweets

    FBI所属の精神科医であり、事件のプロファイリングも担当

    ジョン・フランシス・デイリーJohn Francis Daley

    1985年7月20日、イリノイ生まれ。1999年、『フリークス学園』で一躍注目を集め、『ボストン・パブリック』(’00-’01)や映画『ハッピーフライト』(’03)、『キッチン・コンフィデンシャル』(’05-’06)などに出演。映画『Burt Wonderstone』(’11)、『モンスター上司』(’11)では脚本も担当している。最新作は映画『Rapturepalooza』(’12)。

EPISODE

  • 第1話「プロポーズの秘密」

    ブースは、ブレナンと結婚できない理由を誰にも言えず苦悩していたが、軍隊時代の知人で元神父でもあるアルドのバーへ行き、密かに真実を告白する。一方、ホテルの空調設備の中で遺体が発見される。ラボでは、散乱した遺体の回収作業が難航するが、ブレナンは、被害者が宿泊していた部屋にウオッカで拭き取った血痕を見つけ、衝動的な殺人だと推理する。ブースとスイーツが身元の判明した被害者のアパートへ行くと、窓から男が逃げ出す。それは、ブースの戦友でCIAのダニー・ベックだった。

  • 第2話「夫婦セラピーの罠」

    ボブキャットに食い荒らされた遺体が街のゴミ箱の中で発見され、被害者は経営コンサルタントのアダムと判明する。ブースとスイーツがアダムの妻に話を聞きに行くと、彼は海外出張中のはずだと言う。一方、ジャックが遺体に付着していた土を調べると、バージニアにある先住民居留地にしかないものだとわかる。そこには”新しい夜明け”という結婚セラピーの合宿所があり、アダムは妻ではなく愛人と参加していた。そこでブースとブレナンは、トニーとロキシーという偽名で潜入捜査を開始する。

  • 第3話「ギャング団の真実」

    黒焦げの車から焼死体が発見される。被害者は、ギャング団に所属するデルカンポだった。ブースは、FBIを休職してコミュニティー・センターで働くスイーツと共に、ギャングの縄張りに行って被害者の恋人マリアに会う。彼女はトラブルを恐れ非協力的だったが、そこへ彼女の息子が現れる。スイーツは、彼がセンターに通う優秀な少年だと気づく。一方、ギャング団の抗争と思われていたが、遺体の頭蓋骨には射入口が2つあるのに射出口がないことから、ギャングの仕業ではないことがわかる。

  • 第4話「悪魔のパズル」

    ブレナンたちは、スイーツの発案で研究所に献体された遺体にペラントの手口を模倣した細工を施して遺棄し、ペラントをおびき寄せることに。ペラントに撃たれ負傷して内勤になっていたフリンが、遺体の遺棄役を自ら申し出る。万事順調に進み、フリンが遺体を運び出した後、ブレナンとブースに遺体発見の知らせが入る。一同は、現場へかけつけ遺体を調べるが、シナリオ通りに発見されたかのように見えた遺体は、彼らが用意したものではなかった。そして遺体の主が判明し、一同はがくぜんとする。

  • 第5話「死ぬまでにやりたいこと」

    崖にぶら下がった状態で男性の遺体が発見された。遺体の一部はタカに食べられていたため、ブレナンとブースは、タカを捕えてラボに持ち帰る。被害者は高校の校長だったチャーリー・マコードと判明。彼は末期がんで余命わずかだと知ったあと、死ぬ前にやりたいことのリストを作っていた。さらに、人生を大切に生きようと人々に訴えかけるビデオをネットで販売し大儲けしていたこともわかる。一方、タカが吐き出すのを根気強く待っていたジャックは、タカが吐いたものを分析して凶器を特定する。

  • 第6話「すべてが始まる日」

    ブレナンとブースの結婚式を翌日に控え、一同は教会で式のリハーサルに臨む。そこへ遺体発見の知らせが入り、二人は周りの反対を押し切って捜査に向かう。しかし、遺体は35年前のものとわかり事件に緊急性がないと判断したカミールは、ブレナンを調査から外し式の準備に専念させようとするが、彼女は仕事を続けると主張。それでもアンジェラに諭され、結婚式の準備にとりかかるが、仕事が気になって仕方がない。家族も集まり結婚前夜のディナーに出かけようとした時、教会が火事で焼失する。

  • 第7話「完璧なハネムーン」

    ブレナンとブースはブエノスアイレスにハネムーンに出かけるが、プールでのんびり過ごすのに飽きてしまったブレナンは、ブースを地元の遺体安置所へ連れて行く。そこで検視官から集団墓地から発掘された“消えた人々”の骨を見せてもらうが、ブレナンは、遺骨の一つが最近殺害されたものであることに気づく。ブレナンの小説の大ファンでもある地元警察のバレンツァ警部に捜査の手伝いを申し出て、二人はジェファソニアンの協力も得ながらハネムーン中にも関わらず殺人事件の解明に乗り出す。

  • 第8話「ダムの中の死体」

    ビーバーのダムの中からバラバラの遺体が見つかる。被害者は、モデルのバイトをしていたノーランという男性と判明。ノーランの所持する写真から、彼が精子バンクを通じて精子の提供をしていたが、学歴詐称が発覚して契約解除されていたことがわかる。一方、ブレナンは著作を巡ってミステリー作家のテス・ブラウンと対立、意に反して批判合戦となる。ブラウンが出演するテレビ番組で謝罪をしようとするブレナンだったが、ブラウンは和解を拒否。二人はカメラの前でバトルを繰り広げることになる。

  • 第9話「怒りの陪審員」

    妻殺しの容疑をかけられた元サッカー選手ピーター・キッドマンの裁判が始まり、ブレナンは陪審員の一人に選ばれる。採決で陪審員全員が有罪と意見が一致するが、ブレナンは検察側が十分な証拠を提示していないと主張する。一方、ラボでは海岸で発見された男の遺体を調べた結果、身元が判明。その被害者は、裁判で容疑者に不利な証言をする予定の証人だった。ブースたちは容疑者が口封じのために殺害したのではないかと疑うが、裁判中は隔離されているブレナンにそれを伝えることができない。

  • 第10話「シチューにされた男」

    学校給食のシチューから人骨や人肉が見つかる。ブレナンたちは給食を提供している食品加工工場へと出向き、遺体が入っていると思われる缶詰を回収する。頭蓋骨にあった手術痕から被害者は加工商品の調味料を開発する食品科学者ハワード・コンプトンと判明する。ブレナンとブースは彼と商品開発に携わってきたアガサを訪ねるが、彼女はブレナン似の秀才だった。そんな中、アンジェラはブレナンとの間に距離ができているのを感じていた。そんな二人を見たブースは、ある提案をする。

  • 第11話「数式が導く人生」

    雨の夜、野原で少女の遺体を発見した夫婦が遺体のそばに傘を置いたが、雷が落ちて遺体はバラバラに散乱してしまう。ラボで調べたところ、被害者の全身に多数の骨折箇所があったため日常的に虐待されていた疑いが持たれる。アンジェラによる復顔の結果、被害者は全米屈指の物理学者ワッターズ博士の娘アマンダだと判明する。博士は一年前に妻も失くしていた。娘の死を告げても黒板に数式を書き続ける博士を見て、ブースは彼が怪しいと決めつけるが、ブレナンは彼の行動が理解できるのだった。

  • 第12話「姿なき殺人犯」

    宿敵ペラントが死んだあともブレナンは彼の悪夢に悩まされていた。彼が死に際に言い残した連続殺人事件を解決したいと焦るブレナンの自宅に白骨化した遺体が配達される。そこには“私の死の真相を調べて”と書かれたメモが添えられていた。早速、遺体はラボへ運ばれ調査が始まる。復顔により被害者は1995年に18歳で溺死したヨット選手のラナと判明する。ブレナンはペラントが示した未解決事件との類似性を指摘し、連続殺人犯に殺されたと主張するが、なかなか聞き入れてもらえない。

  • 第13話「つらすぎる真実」

    菜園でコヨーテに掘り起こされた男性の遺体が発見される。ポケットにバーのロゴ入りナプキンが入っていたためバーテンダーに聞き込みをしたところ、被害者は無名のカントリー歌手のコリン・ヘインズと判明する。明らかに貧しい生活を送っていたにも関わらず、彼の部屋には1000ドルの小切手が。そんな中、ウェンデルがホッケーの試合中に腕を骨折。その時の映像をブースから見せてもらったブレナンは、ウェンデルの骨折原因を不審に思い、本人に内緒でX線写真を取り寄せるが……。

  • 第14話「チェスマスターの誤算」

    豚のエサの中から、バラバラになった男の遺体が見つかる。エサに混入していた毛髪から容疑者が浮かぶが、男は庭に捨てられた遺体を切断して豚に食わせただけだと言って殺害を否認する。男の証言から被害者がチェスプレーヤーのマグナソンと判明。以前チェスにハマっていたスイーツはマグナソンが所属するチェスクラブへ出向き、会員たちと対戦しながら情報を探る。ブースは、マグナソンの権利を所有するスザンヌを召喚。二人は結婚する予定でスザンヌの息子も一緒に暮らしていたことがわかるのだが……。

  • 第15話「ある令嬢の死」

    国立公園内で地中に埋められた女性の遺体が見つかる。足の小指が切り落とされており、当初はギャング絡みの事件かと思われた。しかし、被害者は大企業のCEOの娘で、ブースとスイーツから彼女の死を知らされた父と継母はがくぜんとする。両親は娘が2日前に誘拐され犯人から通報を止められていたと話すが、そこへ誘拐犯から脅迫メールが届く。なぜか犯人は彼女が死んだことを知らないようだった。一方、自分は一人っ子だと思っていたジャックは、精神療養施設に兄がいると知らされ、施設を訪ねる。

  • 第16話「湖に沈んだ希望」

    湖でバッグに入った遺体が発見される。被害者はアフガニスタン出身の女性サリー・ナゼリで、テロリストの情報を提供し兄と共にアメリカへ政治亡命していた。ブレナンとブースが兄のアジーズに会いに行くと、ブースの戦友でCIAのダニーが現れる。サリーは、ダニーの指示でCIAの標的となった男の居場所を示す発信機を仕掛けていたため、その報復ではないかと思われた。一方ラボでは、デイジーが骨の小さな傷に気づき、サリーが特殊部隊用の特注ナイフで刺されていたことが分かる。

  • 第17話「浄化槽の遺体」

    浄化槽の中から溶けた遺体が見つかる。政府の要請により、キューバから亡命したロドルフォ・フエンテス博士が助手としてブレナンをアシストすることになる。優秀だが傲慢な態度のロドルフォにブレナンは閉口する。タンクに残っていた皮膚のタトゥーから被害者は、受刑歴がある車の回収屋ベニーと判明する。ベニーが車の事故に遭った後、誰かから逃げようとしたが浄化槽に入れられ溺死したこと、車には同乗者がいたことなどがわかるが、すでに車は解体され残っていたのは事故直後の写真だけだった。

  • 第18話「クズの中の遺体」

    クズという植物で全身を覆われた遺体がラボに到着。被害者は、子供番組のキャロット・ビル役を降りた俳優と判明する。アンジェラが復元した被害者のメールは、番組制作会社の社長宛てに復帰を希望していたが、社長は自分の息子を後任に選んでいた。その後、被害者のツイッターに何百通ものメッセージを送った女性が容疑者として浮上する。一方、クリスティンの誕生日が近づき、ブースはパーティーの計画を立てるが、子供の頃に誕生会を開いてもらったことがないブレナンはその必要はないと言う。

  • 第19話「骨壺の中の富豪」

    ブレナンとブースは、大富豪で発掘のスポンサーでもあるトッド・ミルガの葬儀へと出かけるが、そこへトッド本人が現れる。火葬された遺体はトッドのセーフルームで見つかり、死後3週間経って腐敗が進んでいたためにトッドと見なされたのだった。ブレナンとフィンによる調査の結果、骨壺には複数の人物の骨が入っていることが判明。アンジェラが発見時の写真から死亡直後の顔を復元すると、トッドの旅行の手配や古美術品の収集を請け負っていたダニエルだとわかり、トッドに容疑がかかるが……。

  • 第20話「生きるための選択」

    国立公園の古木の幹の中から遺体が発見される。顔面が虫に食べられていて身元がわからなかったが、最新技術の導入によって被害者が判明した。被害者のアビーは難病を患っていたが、医者の勧めで激痛軽減のために医療大麻を使用し、薬局で働けるまでなっていた。ラボでは、ウェンデルが自分も医療大麻を使用していることを打ち明ける。ブレナンとジャックは医療大麻の使用に理解を示すが、カミールにそのことを話すと連邦法では違法であるため、カミールはウェンデルを解雇せざる得なくなってしまう。

  • 第21話「不死を夢見る人々」

    新興住宅地の沼で女性の遺体が見つかる。遺体に付着した虫からは複数の死亡時期が推定され、一同は頭を抱える。遺体から骨髄穿刺の痕が見つかり、骨髄バンクの登録者で4ヵ月前から失踪していた女性と判明する。彼女は13ヵ月前に幼い娘を病で亡くしていたが、元夫と娘の治療をめぐってもめていたことがわかる。そして、遺体の臓器が割れていたことから、超低温で保管する「人体冷凍術」を施されていたことが明らかになる。一方、カミールはバジリに両親を紹介したいと言われ、戸惑っていた。

  • 第22話「付け爪の謎」

    森でキャンプをしていた家族が木に吊された遺体を発見する。カミールはゴースト・キラー事件の被害者との類似点を認め、ブレナンを捜査から外してブースとエジソンだけが現場に呼ばれる。しかしブレナンは現場へ駆けつけ、結局彼女も一緒に調査に参加することになる。ブレナンは頭蓋骨に遺伝的特徴を見つけ、被害者がトレント・マクナマラの姉ステファニーだと見抜く。衣服に付着した植物成分からマクナマラ家の庭師ドナが容疑者として浮上するが、ブレナンは彼女の骨格を見てあることに気づく。

  • 第23話「井戸の中のコーチ」

    井戸の中から水泳部のコーチだったブライアンの遺体が発見される。多忙のブースに代わってスイーツが捜査の指揮を執ることになる。ラボには、新しい実習生ジェシカ・ウォレンが加わるが、彼女はスイーツに興味を示す。水泳部ではいじめが横行し、ブライアンは学校の記者に匿名で密告していたことがわかる。また車からは派手なイヤリングが見つかり不倫の可能性も出て来る。ブレナンとブースは、ブライアンが毎週通っていたレストランに行くが、不思議な事に彼を目撃した人は誰もいなかった。

  • 第24話「陰謀の影」

    ドイツ赴任を前に、下院小委員会の公聴会を間近に控えるブースにブレナンはドイツ語を教えていた。そこへマクナマラ家の情報を持っているという男から電話が入る。ブースは彼と待ち合わせするが、その男は焼死体で発見される。ブースは、マクナマラ家の陰謀にFBI関係者がいるとにらみ、副長官にも内密にしてこの事件を捜査し始める。焼死体の男の身元が判明し、遺体からは乳首ピアスにみせかけたメモリーチップが発見される。一方、公聴会の席でブースに思いもよらない事態が起こる。

アーカイブ

  • シーズン8
  • シーズン7
  • シーズン6
  • シーズン5
  • シーズン4
  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1

※デジタル配信の対応デバイスや配信開始日は、配信プラットフォームによってことなりますので、詳細は配信プラットフォーム各社のホームページからご確認ください。詳しくはこちら>>

▲このページのトップへ

BONRS-骨は語る-スピンオフ ザ・ファインダー 千里眼を持つ男

花よりイケメンキャンペーン

  • オタメシFOX
  • 20世紀FOXドラマApp
  • 海ドラクイズに答えて豪華商品をゲットしよう!