NEWS
2015.9.7
神奈川、千葉、埼玉、茨城にて上映劇場追加決定!
2015.6.15
「サウンド・オブ・ミュージック(日本語吹替版)」特別上映なるか!?ドリパス特別企画開催中!
2015.5.19
公式サイトに「日本語訳詞 もりちよこインタビュー」アップ!
2015.5.12
シアターキノ、盛岡中劇にて上映決定!
2015.5.8
絶賛デジタル配信中!
2015.5.8
川崎チネチッタ(神奈川県)にて上映決定!
2015.4.28
公式サイトに「歌唱シーン演出 市之瀬洋一インタビュー」アップ!
2015.4.15
公式サイトに「演出家 佐藤敏夫インタビュー」アップ!
2015.4.15
公式サイトに「特典映像のご紹介」アップ!
2015.4.14
チケットぴあにて舞台挨拶付チケットのプレリザーブ開始!
2015.4.2
お気に入りの歌Twitter投票キャンペーン実施!
2015.3.19
2枚買ったら1枚もらえるキャンペーン実施!
2015.3.18
予告篇動画を公開しました!
2015.3.10
劇場公開情報をアップしました
2015.2.25
日本語歌詞付き動画「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」をアップしました
2015.2.25
キャストの皆様からのコメント動画をアップしました
2015.2.23
キャストの皆様からのコメントをアップしました
2015.1.21
日笠陽子さんのブログでご紹介いただきました!
2015.1.21
映画.comに掲載されました!
2015.1.20
平原綾香さんのブログでご紹介いただきました!
2015.1.20
シネマトゥデイに掲載されました!
2015.1.20
公式サイトがオープンしました!
お気に入りの歌 Twitter投票キャンペーン
Wチャンスで『サウンド・オブ・ミュージック』ティーカップが当たる!2枚買ったら1枚もらえるキャンペーン

映画の成功によってファンの聖地となったザルツブルク。この街が時代を超えて愛される秘密を探る!50年前は撮影スケジュールの厳しさからザルツブルクを観光できなかったジュリー。ミラベル庭園やノンベルク修道院、フローンブルク宮殿、レオボルズ・クローン宮殿などの人気ロケ地を訪れて撮影時の思い出を語り、ジュリー自らインタビュアーとなってゆかりの人々を訪ねる。
製作50周年記念の特別映像が解き明かす『サウンド・オブ・ミュージック』が愛される理由とは-

ザルツブルクへようこそ

Chapter1

ザルツブルクへようこそ

ジュリー・アンドリュース、再びザルツブルクへ

ブロードウェーからザルツブルクへ

Chapter2

ブロードウェーからザルツブルクへ

「当時はただ夢中で演じていた」ジュリーが語る撮影前の不安とは

ミラベル庭園

Chapter3

ミラベル庭園

マリア・フォン・トラップとジュリー・アンドリュース。二人の間にある共通点

ノンベルク修道院

Chapter4

ノンベルク修道院

映画が修道院に与えた影響とは?現在の修道院長ペルペトゥア・ヒルゲンベルクへのインタビュー

ヴィンクラーのテラス

Chapter5

ヴィンクラーのテラス

3年間の修道院生活から家庭教師へ。マリアの新しい環境

フローンブルク

Chapter6

フローンブルク

トラップ邸のロケ地、音楽学校モーツァルテルム(元フローンブルク宮殿)。元舎監へのインタビュー

本当のフォン・トラップ邸

Chapter7

本当のフォン・トラップ邸

世界中で2,000回を超えるコンサートを行ったトラップ一家

レオボルズ・クローン宮殿/ベネチア風の部屋

Chapter8

レオボルズ・クローン宮殿/ベネチア風の部屋

ジュリー・アンドリュースが最も愛したロケ地、美しいレオボルズ・クローン宮殿

湖畔での会話

Chapter9

湖畔での会話

わずか18ヶ月の小さな娘エマをロケ地に伴っていたジュリー・アンドリュース。母の日に書かれたエマの手紙とは・・・

ザルツブルク・マリオネット劇場

Chapter10

ザルツブルク・マリオネット劇場

「ひとりぼっちの山羊飼い」誕生のきっかけとなった100年の歴史を持つマリオネット劇場

ザルツブルク・ツアー

Chapter11

ザルツブルク・ツアー

ザルツブルクを訪れる観光客に大人気のロケ地めぐりツアー

あずまや

Chapter12

あずまや

「もうすぐ17才」「何かよいこと」ロマンスが生まれる場所、トラップ邸の”あずまや”は今・・・

モントゼー

Chapter13

モントゼー

マリアとトラップ大佐の結婚式シーンが撮影されたモントゼー修道院(現聖ミカエル教会)

マリアとの出会い

Chapter14

マリアとの出会い

レジデンツ広場で出会った本物のマリアとジュリー

ホテル・ザッハー

Chapter15

ホテル・ザッハー

撮影時の思い出、一躍スターになった当時、最愛の夫ブレイク・エドワーズ監督との特別な試写会

映画を振り返って

Chapter16

映画を振り返って

『サウンド・オブ・ミュージック』が世界中で愛される理由

↓ もっと見る

50周年記念版新録キャスト

マリア / 平原綾香

マリア/平原綾香
  • コメント
  • プロフィール

製作50周年という記念すべきタイミングで、マリアの声を担当させて頂くことになり、嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。『サウンド・オブ・ミュージック』には世界中にたくさんのファンがいらっしゃって、私よりも作品について深い部分を知っている詳しい方々がたくさんいらっしゃると思いますが、今年50周年の節目に改めて、まっさらな気持ちで観て頂けたら嬉しいです。

1984年東京生まれ。2003年、ホルストの組曲『惑星』の『木星』に日本語詞をつけた『Jupiter』でデビュー。2004年の日本レコード大賞新人賞をはじめ、様々な賞を獲得。その後も、ドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)主題歌『明日』、NHKトリノオリンピック放送テーマ・ソング『誓い』、ドラマ『風のガーデン』(フジテレビ系)主題歌『ノクターン』を歌い、同ドラマに女優として出演。2009年にリリースした全曲クラシック曲のカバーアルバム「my Classics!」は「第51回輝く!レコード大賞」で優秀アルバム賞を獲得。その活動が高く評価され、2010年「第1回岩谷時子賞」において奨励賞を受賞。2011年「平成22年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞。2013年ユニバーサルミュージックに移籍し、2013年12月17日デビュー10周年を迎えた。2014年3月より「オペラ座の怪人」の続編ミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」でクリスティーヌ・ダーエを演じた。

トラップ大佐 / 石丸 幹二

トラップ大佐/石丸 幹二
  • コメント
  • プロフィール

世界中の人々に愛されてきた『サウンド・オブ・ミュージック』ですが、製作50周年というひとつの節目を迎えるタイミングで、この作品に関わらせて頂けたことに感謝しています。トラップ大佐を演じる私の声が今後50年、100年と残り、作品のファンの方々、これから新しく作品を知るであろう方々に聴いて頂けることは本当に光栄ですし、少しでも多くの方に聴いて頂きたい、観て頂きたいと心から願っています。

1990年、ミュージカル『オペラ座の怪人』でデビュー、『アスペクツ オブ ラヴ』『ウエスト・サイド・ストーリー』『美女と野獣』『壁抜け男』等のミュージカルに主演する。現在は、舞台、映像、音楽と多彩に活動。近年の出演作に、映像:ドラマ/大河ドラマ「花燃ゆ」、土曜ドラマ「ダークスーツ」(共にNHK)、「オリエント急行殺人事件 (CX)、「ルーズヴェルト・ゲーム」「半沢直樹」(TBS)等、映画/「時をかける少女」等。舞台:『もっと泣いてよフラッパー』『ジキル&ハイド』『エリザベート』『モンテ・クリスト伯』、サイトウ・キネン・フェスティバル『兵士の物語』等。CD:「Love Songs」、「kanji ishimaru (ソニー・ミュージック)等。ラジオ:NHK「石丸幹二のシアターへようこそ」。ナレーション:「目撃!日本列島」(NHK)、美術展「アンドレアス・グルスキー展」、「ラファエル前派展」。朗読:「プラテーロとわたし」、「小象ババールの物語」等。

長女 リーズル / 日笠陽子

長女 リーズル / 日笠陽子
  • コメント
  • プロフィール

私自身すごくやりたかった仕事を頂けて、自分なりに精一杯やらせて頂きました。声を当てていて本当に楽しかったし嬉しかったので、その気持ちが観ている方にも伝わればいいなと思っています。これまでに何度も観ている方々はもちろんですが、この作品をまだ観たことがない若い方々に是非、観て聴いて頂きたいです。お家でブルーレイに合わせて一緒に歌って頂けたらとても嬉しく思います!

7月16日神奈川県出身。代表作にTVアニメ『けいおん!』(秋山澪)、『純潔のマリア』(アルテミス)、『ユリ熊嵐』(針島薫)、『M3 ソノ黒キ鋼』(破先エミル)、『俺、ツインテールになります。』(善沙闇子(イースナ))、『トリニティセブン』(山奈ミラ)、『ノブナガ・ザ・フール』(ジャンヌ・カグヤ・ダルク)、『健全ロボ ダイミダラー』(楚南恭子)、『ノーゲーム・ノーライフ』(ステファニー・ドーラ)、『彼女がフラグをおられたら』(英雄崎凛)、『ヤマノススメ』(かえで)、『たまこまーけっと』(魚谷真理)等、劇場アニメ『ハル』(くるみ)等、海外ドラマ『glee/グリー』(シュガー・モッタ)等がある。

歴代日本語吹替キャスト

商品情報 日本人が最も愛したミュージカル映画が、新しい吹替音声と新しい特典映像を収録して甦る!

商品詳細を見る
商品詳細を見る
曲目リストを見る 曲目リストを見る
商品詳細を見る
  オリジナル・サウンドトラック50周年記念版 4.22発売