マイノリティ・リポート vol.2
Minority Report

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮
システム崩壊後の世界を描いた近未来SFアクション

10年後、犯罪は再び予知される――

FOX2015年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ダッシュ…スターク・サンズ(佐藤拓也)
ヴェガ…ミーガン・グッド(小松由佳)
ウィル…ウィルマー・バルデラマ(伊丸岡篤)
アーサー…ニック・ザーノ(小松史法)
アガサ…ローラ・レーガン(園崎未恵)
ウォリー…ダニエル・ロンドン(土田 大)

製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
原案:フィリップ・K・ディック

●字幕翻訳:上田香子 ●吹替翻訳:竹本浩子

ストーリー

■第3話「新犯罪予測システム」
首都警察に新しい犯罪予測システム“ホークアイ”が試験導入された。ダッシュが新たに殺人を予知するが、その犯人はホークアイで監視対象に指定されていた。そのことを知ったヴェガは、ダッシュが警察で民間の分析官として働けるように取り計らう。殺人を止めるべく捜査を進めるが、犯人と被害者の接点が見出せない。一方でアガサは、ヴェガがダッシュを裏切るビジョンを見ていた。自分たちに迫る危険に対処すべく、行動を起こす。

■第4話「初恋」
ホークアイの分析官としての正式な初勤務を翌日に控えた日、ダッシュは慈善活動家のケイマン・ベローが女性を殺害するビジョンを見る。被害者の女性を見つけるため、ヴェガとダッシュはケイマンが主催するパーティーに潜入する。そこでダッシュはフレディという1人の女性と知り合い、好意を寄せる。フレディが身に付けている腕輪から彼女が被害者であることに気づいたダッシュは、捜査を装って個人的にフレディに近づく。

ポイント

●トム・クルーズ主演映画『マイノリティ・リポート』のエンディングから10年後の世界を描く。
映画では描き切れなかったプリコグたちの真相と犯罪予知システムなき未来を描く。映画で活躍したキャラクターたちも登場し興奮はMAX。
●スティーブン・スピルバーグ監督作品で初のTVシリーズ化を自身で手掛ける。
●MIT(マサチューセッツ工科大学)が監修した近未来映像が凄い!
近未来のビジュアル効果や最先端のハイテク技術は映画そのもの。さらに進化を遂げた世界に再び心奪われる。

収録特典

87分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『サンズ・オブ・アナーキー』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント