おとなの恋には嘘がある
Enough Said

迷えるオトナの恋を描く、深くて可笑しいラブ・コメディ
やっと出来た恋人は、友達の元夫だった!

映画の言葉“間違いを犯すことを怖がってはダメ”

FOX2013年度作品 /  

キャスト&スタッフ

エヴァ…ジュリア・ルイス=ドレイファス(幸田夏穂)
アルバート…ジェームズ・ガンドルフィーニ(中田譲治)
マリアンヌ…キャサリン・キーナー(山像かおり)
サラ…トニ・コレット(引田有美)

監督・脚本:ニコール・ホロフセナー

●字幕翻訳:古賀香菜子 ●吹替翻訳:中村久世

ストーリー

離婚して10年が経つボディセラピストのエヴァは、娘の1人暮らしを控え、ブルーになっていた。そんな時、パーティでバツイチのアルバートと出会い、恋に落ちる。さらに新しい顧客のマリアンヌとの間に友情も芽生え、毎日が充実していく。だが、ある日衝撃の事実が彼女を襲う。アルバートはマリアンヌの元夫だったのだ!真実を知らないフリして、恋も友情も継続させる彼女だったが、ついに恐れていた事件が起きる……。

ポイント

●第87回アカデミー賞(R)合計8部門受賞、総ノミネート数20部門
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『グランド・ブダペスト・ホテル』を送り出す
今一番注目を集めるスタジオ FOXサーチライト・ピクチャーズ作品
●2014年ゴールデン・グローブ賞主演女優賞ノミネート(ジュリア・ルイス=ドレイファス)!
●バツイチの彼女にやっと出来た恋人は、友人の元夫だった!
<気付かぬフリ=大人の嘘>に振りまわされる恋と友情の行方は――
●監督は『セックス・アンド・ザ・シティ』のディレクター。
女性のホンネと、大人の恋愛をウィットかつユーモラスに描く。
●ジェームズ・ガンドルフィーニ(『ジャッキー・コーガン』)、キャサリン・キーナー(『カポーティ』)、トニ・コレット(『リトル・ミス・サンシャイン』)など、ハリウッドで最も実力のあるキャストが集結!
●テス役はU2のリード・ボーカルのボノの娘のイヴ・ヒューソン。
クロエ役には人気ブロガーのタヴィ・ジェヴィンソンと、フレッシュなキャストにも注目!

収録特典

93分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント