パーティ
Party, The

世界中で愛される『ピンク・パンサー』シリーズのブレイク・エドワーズ監督、ピーター・セラーズ主演で贈るハリウッドをパニックに陥れた傑作コメディ!

MGM1968年度作品 /  

キャスト&スタッフ

フルンディ・バクシ…ピーター・セラーズ
ミシェル・モネ…クローディーヌ・ロンジェ
ダンフィー夫人…マージ・チャンピオン
アリス・クラターバック…フェイ・マッケンジー
フレッド・クラターバック…J・エドワード・マッキンレー
チャーリー・ディボット…ギャビン・マクロード

製作・監督・原案・脚本:ブレイク・エドワーズ
脚本:トム・ウォルドマン/フランク・ウォルドマン
音楽:ヘンリー・マンシーニ
撮影:ルシアン・バラード

●字幕翻訳:柴田香代子

ストーリー

ハリウッドの西部劇に憧れて、インドからやって来た自称・舞台俳優のバクシ。採用されたものの、撮影現場でドジばかり。セットを壊されて監督も撮影所所長も大激怒で、二度と使わぬと宣告。ところがバクシは手違いから、こともあろうに撮影所所長の主催するパーティに招待される。ビバリーヒルズの大邸宅には、招待客の映画関係者がズラリ。見るものも聞くものも、バクシにとって珍しいものばかり。言葉も通じにくいとあって、次々と騒動を巻き起こす。パーティはハチャメチャ。セレブたちはテンヤワンヤ。どうなる、パーティ!? どうする、バクシ!?

ポイント

★豪華“オプティカル・エンボス仕様”アウターケース付
●『ティファニーで朝食を』や『ピンク・パンサー』シリーズで知られる巨匠ブレイク・エドワーズが、黄金コンビのピーター・セラーズと組んで放ったハリウッド風刺コメディ!
●『ピンク・パンサー』シリーズでコメディ・ファンを虜にしたピーター・セラーズ、ブレイク・エドワーズ、ヘンリー・マンシーニの息の合ったトリオが手がけた笑撃作。クラターバック邸の中だけで進行する切り口が斬新。絶え間なく炸裂するギャグとボケの連鎖。笑いが次の笑いを生む。その底にあるのは、パーティに明け暮れるハリウッド文化への風刺と皮肉。台詞らしい台詞はほとんどなく、ピーター・セラーズは体の動き=視覚で笑わせる。インド訛りの英語も彼ならではの至芸。脇を固めるキャラクターも強烈な個性。シタール、ゴーゴー調の主題歌、ボサノバ風のバラードなど音楽も耳に残る。全編がおフザケのように見えて、実は泡まみれのラストまで計算し尽された絶品のコメディ。
●ブルーレイになって高生彩で高精細な画質:オープニングから目に飛び込む、鮮やかな色彩。色数が多く、光沢のある発色。68年作品とは思えぬ高画質。色までエンターテイメントしている。
●傍役陣にも爆笑:招待客の酒を盗み飲んでヘベレケになり、画面を横切っていくウエイター。カウボーイ役スターの単純さ。バクシに絡む脇役の芸も見どころ。
●女優もチャーミング:唯一、マトモな人間に見えるのがミシェル。扮しているのはクローディーヌ・ロンジェ。ギターを手に、フランス語訛りの英語で唄うシーンの彼女は、コケティッシュで魅力的。
●ドラマに寄り添ったサウンド:印象的なシタールの音。劇伴の軽快さ。聴きやすい人の声。クォリティの高いブルーレイ・サウンド。

収録特典

99分 2層 カラー
1.英語 DTS-HDマスター・オーディオ 5.1ch (ロスレス)
1.日本語字幕
2.英語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/シネマスコープ
MPEG-4 AVC

※ブルーレイディスクのみの収録特典
●ピーター・セラーズ テレビCM映像集(日本語字幕未収録) ※
−BARCLAYS BANK テレビCM (1)
−BARCLAYS BANK テレビCM (2)
−BARCLAYS BANK テレビCM (3)
●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント