燃える平原児
Flaming Star

世界を魅了したスーパースター、エルヴィス・プレスリー生誕80周年を記念して、出演作の中で最も鮮烈な印象を残した傑作西部劇をブルーレイ化!

FOX1960年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ペイサー・バートン…エルヴィス・プレスリー
ロズ…バーバラ・イーデン
クリント・バートン…スティーブ・フォレスト
ネディ・バートン…ドロレス・デル・リオ
サム・バートン…ジョン・マッキンタイア

監督:ドン・シーゲル
製作:デイビッド・ワイスバート
脚本:クレア・ハフェイカー/ナナリー・ジョンソン
原作:クレア・ハフェイカー
撮影:チャールズ・G・クラーク
音楽:シリル・J・モックリッジ
美術:ダンカン・クラメール

●字幕翻訳:森本 務

ストーリー

1878年、テキサス西部。白人の父、インディアン出身の母、その間に生まれたペイサー、腹違いの兄。白人とインディアンの親和ともいえる一家に悲劇が訪れる。ある夜、土地を取り戻そうとする先住民のインディアンが白人の家族を殺害する。怒りに燃える自警団から、一家は迫られる。白人につくのか。インディアンにつくのか。ペイサーはインディアンからも詰め寄られる。同じ血が流れているのだから仲間になれ。白人から迫害されていたペイサーはインディアンの側に加わるが、酋長に父を殺される。己の血と憎しみの間で揺れ動くペイサーは決断する。

ポイント

★豪華“オプティカル・エンボス仕様”アウターケース付
●2015年はエルヴィス・プレスリー生誕80周年!
●のちに『ダーティハリー』を監督するドン・シーゲルが、白人とインディアンの間に生まれ、迫害を受けるプレスリーを印象強く演出!
●エルヴィス除隊後2作目の作品。原作はクレア・ハフェイカーの小説「燃える槍」。脚色はハフェイカー自身とナナリー・ジョンソン。監督は『ダーティ・ハリー』のドン・シーゲル。本作の原題“Flaming Star”とは、死が訪れるときに見るという「燃える星」のこと。それは主人公ペイサーの運命を暗示している。争いで父や母を亡くした自分は、どちらの血として戦うのか。白人とインディアンの血を受けたペイサーは揺れる。ドン・シーゲルはペイサーの葛藤と覚悟を人情劇ではなく、アイデンティティという視点で描いている。エルヴィスの歌は主題歌のみ。挿入歌はない。ドン・シーゲルによって、エルヴィスが演技をした初めての作品。西部劇としてもエルヴィスの映画としても異色作。
●西部劇ファンもドラマ・ファンも見応えのあるストーリー:スリリングなアクションはもちろん、ドラマとしても見どころが多い。
●印象深い傍役の好演:父親バートンに扮したジョン・マッキンタイアが一家の長としての存在感を渋く演じている。
●ブルーレイになって、より鮮やかで細密になった画質:人物や風景だけでなく、コスチュームや銃などの小道具も色彩の鮮明さと細密さでリアリティが増している。
●エルヴィスの歌唱も魅力:タイトルバックとエンディングに流れる主題歌はカントリー&ウエスタン調。哀感さえ漂うエルヴィスの歌唱は聴きもの。

※本作品の字幕には一部不適切と思われる表現が含まれる場合がありますが、ある特定の団体及び個人の方に対する攻撃や差別を意図するものではございませんので予めご了承下さい。

収録特典

92分 2層 カラー
1.英語 DTS-HDマスター・オーディオ 5.1ch (ロスレス)
1.日本語字幕
2.英語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/シネマスコープ
MPEG-4 AVC

●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント