SFソードキル
Ghost Warrior

『ラスト サムライ』からさかのぼること10数年、
すでにハリウッドにはサムライ藤岡弘、がいた!

戦国時代から20世紀のロサンゼルスへ!
冷凍状態から目覚めた最後のサムライが現代の悪を斬る!

MGM1986年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ヨシ…藤岡弘、
リチャーズ博士…ジョン・カルヴィン
クリス…ジャネット・ジュリアン
ウィリー…チャールズ・ランプキン
バーガー…フランク・シュラー
チドリ…ミエコ・コバヤシ
タカギ…ロバート・キノ

監督:J・ラリー・キャロル
製作:チャールズ・バンド
製作総指揮:アルバート・バンド/アーサー・マスランスキー
脚本:ティム・カーネン
撮影:マック・アールバーグ
音楽:リチャード・バンド

●字幕翻訳:不明
●字幕制作:マハラモスラ

ストーリー

日本の山中で氷漬けになった人間が発見された。ロサンゼルスの低音外科療法研究所のリチャーズ博士は、冷凍されていた人間を解凍・再生することに成功する。息を吹き返した男は、400年前の日本にいたマカベ一族の武士ヨシ。取材に訪れていたクリスは、侍ヨシに敬意を表して対応し、ヨシも受け入れる。が、日本刀を奪いに来た職員を斬ったヨシは研究所を脱出。ロサンゼルスの町でチンピラたちに襲われていたウィリーを助けたヨシは、殺人犯として警察に追われるが、クリスに助けられてタカギの経営するアンティーク・ショップに匿われる。リチャーズは事件を闇に葬るためにヨシを誘拐。車中でヨシを殺そうとするもクリスに邪魔されて車は横転。ヨシはクリスを馬に乗せて逃げるが、警察のヘリコプターが2人を捕捉した……。

ポイント

「武士道とは死ぬこととみつけたり」……20世紀のアメリカ・ロサンゼルスに現れた日本の侍が、人の道に外れた悪人たちを容赦なく叩き斬り、疾風のように去っていく……。ハリウッド製アクション娯楽作に出演依頼された元祖「仮面ライダー」藤岡弘、が本物の日本刀を持参して撮影に参加、アメリカ映画にありがちは「おかしな日本像」を正して真の武士道精神を映画に注入したおかげで、1985年パリ・ファンタスティック&SF映画祭で批評家賞を受賞、翌年の東京ファンタスティック映画祭でも喝采を浴び、カルト映画へと昇華した記念碑的傑作が遂に復活。

●武道家の父をもつ藤岡弘、は1971年に特撮テレビドラマ「仮面ライダー」の主人公・本郷猛=仮面ライダー1号役として出演し人気スターとなった。1974年の日本映画興業第1位を記録する大ヒット作となった『日本沈没』に主演、『エスパイ』『野獣死すべし 復讐のメカニック』『東京湾炎上』『大空のサムライ』などアクション大作に次々と主演。本作をきっかけに香港映画『香港・東京特捜刑事』、アメリカ映画『K2/ハロルドとテイラー』にも出演し国際的に活躍した。
本作への出演時にハリウッドで日本刀を使った模範演技を見せ、それをきっかけに知り合った映画監督のジェームズ・キャメロンとは「キャメロン」「サムライ」と呼び合うほど親交が深いという。
●撮影は1983年10月から12月にかけて行われ、撮影用の模造刀ではなく、日本から持ち込んだ真剣を使い、殺陣のシーンでは本当にヤリを斬り落としている。
●サムライに理解を示すジャーナリストを演じたジャネット・ジュリアンは、10代のときに『ポセイドン・アドベンチャー』のパメラ・スー・マーティンの代役でテレビ出演して注目された。そのほかの主な出演作にロジャー・コーマン製作の『クレイジーポリス大追跡』やクリストファー・ウォーケン主演の『キング・オブ・ニューヨーク』などがある。

収録特典

81分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 1.0ch
1.日本語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント