ナイト・ウォッチ/ディレクターズ・カット
Night Watch

大脳を震わす衝撃と興奮!
光vs闇の最終戦争を、いま、目撃する。

映画の言葉 “力の源は人の心だ”

FOX2004年度作品 /  

キャスト&スタッフ

アントン…コンスタンチン・ハベンスキー
ゲッサー…ウラジミール・メニショフ
スヴェトラーナ…マリア・ポロシナ
イゴール…ディマ・マルティノフ
オリガ…ガリーナ・チューニナ

監督・脚本(ロシア語版):ティムール・ベクマンベトフ
製作:アナトリー・マキシモフ/コンスタンチン・エルンスト
原作・脚本(ロシア語版):セルゲイ・ルキヤネンコ

●字幕翻訳:太田直子

ストーリー

人間でありながら、特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”と呼ばれる種族。世界はかつて、光と闇、両軍の間で激しい戦争が続いており、破滅の危機にあった。だが戦いの無益さに気づいた光の王ゲッサーと闇の将軍ザヴロンは、休戦協定を結ぶ。それ以来、異種に目覚めた人間は、光につくか闇につくかを本人が決めることに。そして光の戦士は“ナイト・ウォッチ(闇の監視人)”として、闇の異種の行動を監視。闇の戦士は“デイ・ウォッチ(光の監視人)”として、光の異種を監視。こうして光と闇の勢力のバランスは、1000年もの間、平和に保たれていた。
1992年のモスクワ。青年アントンは妻イリーナの浮気に絶望し、呪術使いのシュルツ夫人宅を訪問。夫人は妻を取り戻すためには、彼女が身ごもっている胎児を流産させるしかないと言う。その恐ろしい呪いの儀式を実行する途中、光と闇の協定違反により、夫人は逮捕されるのだが……。

ポイント

●世界の映画ファンを魅了した大ヒットSFアクション超大作!
●各国の映画祭で招待上映され、大絶賛のうちにヨーロッパ全土を席捲!
●これまでの映画界の既成概念を完全に打ち破った衝撃の映像と興奮のストーリーは「スター・ウォーズ」や「マトリックス」に匹敵!
●大注目の監督作! 「ウォンテッド」「リンカーン / 秘密の書」で話題騒然のティムール・ベクマンベトフ監督作

※『ナイト・ウォッチ』本編の映像には、演出上、ロシア語音声に対する英語字幕が焼きついています。なお、この英語字幕は、音声メニューで「英語」を選択した場合、実際の英語音声と内容が一部異なる箇所がございます。ご了承ください。
※字幕メニューで「英語」を選択すると、ナレーション部分(冒頭とエンディング)の英語字幕をご覧いだだけます。

収録特典

123分 片面2層 カラー
1.ロシア語 5.1ch DTS
2.ロシア語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●「ナイト・ウォッチ」:撮影の舞台裏
●「デイ・ウォッチ」本編冒頭プレビュー
●「デイ・ウォッチ」予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント