X-MEN:ファイナル ディシジョン<2枚組>〔初回生産限定〕
X-Men: The Last Stand

心に残る名言と名作 ―映画の言葉―

 “強大なパワーを得た時 その使い方にすべてがかかってくる”

FOX2006年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ウルヴァリン…ヒュー・ジャックマン(山路和弘)
ストーム…ハル・ベリー(本田貴子)
マグニートー…イアン・マッケラン(有川 博)
ジーン・グレイ…ファムケ・ヤンセン(日野由利加)
ローグ…アンナ・パキン(小島幸子)
プロフェッサーX…パトリック・スチュワート(大木民夫)
サイクロップス…ジェームズ・マーズデン(檀 臣幸)

監督:ブレット・ラトナー
製作総指揮:スタン・リー/ジョン・パレルモ/ケヴィン・フィージ
脚本:ザック・ペン/サイモン・キンバーグ

●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:久保喜昭

ストーリー

プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、“ミュータントは病だ”と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬“キュア”が開発される。“ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか”という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。マグニートー率いるブラザーフッドは、キュアの根絶を狙い、キュア開発のカギとなる少年ミュータント、リーチの強奪に動き出す。一方、X-MENは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走するのだが……。

ポイント

心に残る名言と名作 ―映画の言葉―

 “強大なパワーを得た時 その使い方にすべてがかかってくる”
時として人が圧倒的な力を得ることがある。それは、お金や肉体的な能力やテクノロジーかもしれない。いずれにしても、大事なことは力を使いこなせる知恵がその人にあるかどうかだ。力を求めるのであれば、まず自分がそれを使うにふさわしい人間になる必要があるのだ。

●遂に最終章! ミュータントの超能力を消し人間に変える新薬“CURE”の登場で、X-MENのメンバーにも“究極の選択”が迫る……。。

★封入特典:“映画の言葉”入り特製ポストカード

収録特典

104分 【Disc-1, 2】片面2層 カラー
1.英語 6.1ch DTS-ES
2.英語 5.1chサラウンドEX
3.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

【Disc-1】
 〔X-メン・メニュー〕
●ブレット・ラトナー(監督)、サイモン・キンバーグ(脚本)、ザック・ペン(脚本)による音声解説
●未公開シーン集 監督・脚本家による音声解説付き
●隠しコマンド
 〔ブラザーフッド・メニュー〕
●アヴィ・アラド(製作)、ローレン・シュラー・ドナー(製作)、ラルフ・ウィンター(製作)による音声解説
●未公開シーン集 監督・脚本家による音声解説付き
●FOX最新情報(INSIDE LOOK: THE SIMPSONS MOVIE PREVIEW)

【Disc-2】
●ドキュメンタリー集
 ・ブレット・ラトナーの撮影日記
 ・「X-MEN」: 3作にわたる進化
 ・ストーリーの本質
●メイキング集
 ・キャラクター・ライブラリー
 ・ゴールデンゲート・ブリッジのシーンができるまで
●アニマティック映像集
●ビハインド・ザ・シーン集
●スティル・ギャラリー
●予告編集
●隠しコマンド

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント