ダイ・ハード4.0 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕
Die Hard 4.0

心に残る名言と名作 ―映画の言葉―

 “コンピュータに弱くても生きている”

FOX2007年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョン・マクレーン…ブルース・ウィリス(野沢那智)/(樋浦 勉)
マット…ジャスティン・ロング(川中子雅人)
ガブリエル…ティモシー・オリファント(東地宏樹)
ボウマン…クリフ・カーティス(内田直哉)
マイ…マギー・Q(坪井木の実)

監督:レン・ワイズマン
脚本:マーク・ボンバック
製作総指揮:アーノルド・リフキン/ウィリアム・ウィッシャー
音楽:マルコ・ベルトラミ

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:税田春介

ストーリー

独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に設置されたサイバー犯罪部に異変が起こった。交通、通信、原子力、水道などのあらゆる全米のインフラを監視するシステムに何者かがハッキングを仕掛けてきたのだ。
そのころ、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、しばらく連絡を取っていない別れた妻との娘ルーシーに会うために、管轄外であるニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。その時、FBIから、ニュージャージー州内に住むマットというハッカーの身柄を確保し、FBI本部に連れて行けという無線連絡が入る。これが不運の始まりだった――。

ポイント

心に残る名言と名作 ―映画の言葉―
 “コンピュータに弱くても生きている”

すべてがコンピュータで動く現代社会。そこに不具合が起これば、たちまち社会機能が麻痺してしまう。だからPCのひとつも操作できなくではと思いがちだが、コンピュータなど使えなくとも、ちゃんと生きていけるのが人間。もっと大切なことは山ほどある。

●日本の映画界における歴史的人気シリーズ最新作!
●劇場吹替版(マクレーンの声優:野沢那智)に加え、過去3作においてビデオの吹替にてマクレーンの声を勤めた樋浦勉が吹替を担当しているDVDオリジナル・バージョンを収録

★封入特典:“映画の言葉”入り特製ポストカード

※期間限定特典デジタルコピー:2014年4月21日まで

収録特典

129分 【ブルーレイ】2層
【DVD】片面2層
カラー
1.英語 5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語5.1ch DTS<劇場公開(野沢那智)バージョン>
3.日本語5.1ch DTS<DVDオリジナル(樋浦 勉)バージョン>
1.日本語字幕
2.英語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/シネマスコープ
MPEG-4 AVC

【ブルーレイ】
なし

【DVD】
●Digital Copy(iTunes, Android)

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント