キミは日本語吹替の魅力を知っているか?実力派声優が魅せる【吹替】の真実を堪能せよ!

吹替えの帝王 Powered by 20th Century FOX Home Entertainment 企画協力:フィールドワークス

  • 式Facebook
  • 公式Twitter
  • 吹替の帝王〜商品紹介〜
  • 吹替えの名盤〜商品紹介〜
  • 海外ドラマ〜商品紹介〜
  • インタビュー 〜吹替の現場から〜
  • 吹替収録作品
  • 傑作吹替視聴室
  • とり・みきの吹替どうなってるの

PICK UP #19 『吹替の名盤』特集第3弾

 「吹替の名盤」第三弾は、声優のフィックス(特定の俳優を、同じ声優が担当する制度)を語るにふさわしい作品がラインナップ!
 さて、洋画劇場における声優のフィックス化は意外に歴史が古く、1962年に日本テレビ系列で始まった90分枠の「日曜ロードショー」では、すでにフィックス制が実施されていた。しかし、当時は局が異なると、同じ俳優でも声優が違うことがあり、違和感を抱いた視聴者から各局にクレームなどもあったそうである。このフィックス制を定着させたのは、1966年にスタートした「日曜洋画劇場」と言ってさしつかえないだろう。現在、吹替ファンがフィックスとして意識している声優は、この日曜洋画劇場が発祥の方が多いのだ。
 今回は、洋画劇場が長い歴史のなかで生み出してきた、フィックス声優たちの豪華競演と、声優が統一されたシリーズ作品の醍醐味を、ぜひ楽しんでいただきたい。

『続・猿の惑星』前作の声優を丁寧に踏襲したシリーズ第2作!

続・猿の惑星
 前作のラストから始まり、禁断の地からさらに進んだテイラー(C・ヘストン)とノバは、ミュータントの地下都市へ。一方、テイラーの捜索にやってきた別の宇宙飛行士ブレント(J・フランシスカス)が猿の惑星に降り立つ、という完全な続編。
 前作『猿の惑星』と同じキャラクターは、同じ声優が引き継いでいて、TBS放送版の配役が踏襲されている。ヘストンは前作と同じく納谷悟朗。コーネリアスも山田康雄、そしてザイアスは熊倉一雄が引き続き担当している。新キャラクターとして加わるJ・フラシスカスの声は井上孝雄。彼は『地獄の艦隊』、TVシリーズ「復讐の鬼探偵ロングストリート」でも同俳優の声を担当しているので、フランシスカスの半フィックスといって問題ないだろう。シリーズ作品を続けて観たとき、同じキャラクターで声が変わってしまうと興ざめである。フィックス声優をきちんと配するという配慮は、観る側にとっても非常に嬉しい。

『新・猿の惑星』コーネリアスとジーラの台詞(吹替)に聞き惚れるシリーズ第3作

新・猿の惑星
 大逆転の発想で製作された、超展開のシリーズ3作目。宇宙船で猿の惑星を脱出したコーネリアス、ジーラ、マイロが、時空を逆行して1972年の地球に不時着する。
 声の出演は、コーネリアス=山田康雄、ジーラ=平井道子は前作から踏襲。前の2作品に比べると、サスペンス・ドラマの要素が強く、ストーリーの展開で会話が非常に重要になってくる。これまで脇役だったコーネリアスとジーラが堂々の主役として全編喋るため、山田と平井の声の名演がたっぷり楽しめる。特に、ときに気弱だったり、おどけてジョークを言ったりと、コーネリアスの心理を丁寧に表現した山田の名演技に注目。人類の未来を脅かす存在として彼らを抹殺しようとするハスライン博士(E・ブレーデン)を、中田浩二がクールに演じる。


『猿の惑星征服』声優のキャスト一新ながら、豪華配役で見せるシリーズ第4作

猿の惑星征服
 前作のラストですり替えられて生き延びた、コーネリアスとジーラの息子マイロが、猿による革命を起こすまでを描いたシリーズ4作目。本作から、フジテレビ版『猿の惑星』でコーネリアスの声をアテた近石真介が、コーネリアスの息子マイロの声を担当(演じているのはコーネリアスと同じロディ・マクダウォール)。息子役なので、演じる役者が同じでも、キャラクターは別という設定のため、声優が変わっているほうがむしろ自然に受け入れられる。おどけたキャラクターから、ラストの堂々とした演説までを巧みに演じ分ける、近石の声の力演には脱帽。マイロを育てたサーカスの団長アルマンド(リカルド・モンタルバン)は、前作の仁内建之から本作では中村正に変更。前作では大らかなキャラだったが、本作ではマイロを守ろうとするあまり、常に不安を抱く神経質な人物になっていて、中村の熱演がうまくシンクロしている。マイロを追い詰めるブレック知事の声では、吹替業界の大物・田口計が登場。小林清志、千葉耕市、沢田敏子など脇も豪華に固めている。

『最後の猿の惑星』脇役に至るまで続投俳優には同じ声優を配役したシリーズ最終作。

最後の猿の惑星
 人間との戦争を経て、生き残った猿のコロニーで長となったシーザー(マイロから改名、演じるは同じくR・マクダウォール)が、息子の死やミュータント化した人間との最後の戦いを経て、猿と人間が共存する世界を築くまでを描く。
 前作からつながっているストーリーで、出演俳優も続投が多く、声優もそのまま踏襲。特に、前作であまり目立たない役だったコルプ(セヴァーン・ダーデン)が、人間側のレジスタンスのボスとして再登場するが、声は両作とも千葉耕市。また、マクドナルド(オースティン・ストーカー)も、前作と同じ役柄で登場し、声も小林清志が引き続き担当している。シリーズでもチョイ役だと、同じ俳優でも声優が変わることが多いなか、こういった仕事は貴重といえる。その他の配役にも、滝口順平、八奈見乗児、相模太郎など、声に特徴のある声優が多く起用されている。

『大いなる西部』二度と実現不可能!超豪華声優が一同に介する、吹替版“超大作”

大いなる西部
 豪華なキャストと、壮大なロケーションを観るだけでも圧倒される超大作だが、吹替版も作品にふさわしい豪華な仕上がりになっている。冒頭で述べた「日曜洋画劇場」が確立したフィックス声優が勢ぞろいする名編。
 チャールトン・ヘストン=納谷悟朗、グレゴリー・ペック=城達也という二大フィックス声優に加え、チャック・コナーズは大塚周夫、キャロル・ベイカーは鈴木弘子という半フィックス声優もきっちりと押さえている点が嬉しい。ジーン・シモンズの武藤礼子、バール・アイヴスの早野寿郎など、イイ声の名声優も多数出演。その多くが他界されていることを考えると、実に貴重な吹替版である。脇に、新人時代の若本規夫や玄田哲章が出演しているので、こちらも注目してほしい。


<傑作吹替視聴室Vol.18
「吹替の名盤 特集第二弾」の詳細を見る
吹替の名盤

Siringo【プロフィール】

幼少期よりTVで多くの洋画を鑑賞し吹替の魅力にとりつかれる。'02年より株式会社フィールドワークスでソフト制作業務を担当。独自の吹替探索ルートと一般の方から吹替音源の協力を得る方法により、失われた吹替版を多数復刻。『吹替の帝王』シリーズにも協力。現在までに関わった吹替収録ソフトは100作品を超える。

新着情報
外国映画を吹替え版でより楽しんで頂くためのサイトが誕生!吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!
  • 「コマンドー」アンコール発売
  • ヒート
  • エイリアン2
  • ID4
  • X-ファイル
  • ウェイワード・パインズ 出口のない街
  • ダイ・ハード/ラスト・デイ

新着情報

2017.05.26傑作吹替視聴室Vol.22:『LOGAN/ローガン』公開記念!を追加しました。

2017.04.28『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』菅生隆之【後編】インタビューを追加しました。

2017.03.31『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』菅生隆之【前編】インタビューを追加しました。

2017.02.24『ダイ・ハード/ラスト・デイ』樋浦勉インタビューを追加しました。

2017.01.27『サンズ・オブ・アナーキー』森川智之&五十嵐麗インタビュー【後編】を追加しました。

2017.01.06『サンズ・オブ・アナーキー』森川智之&五十嵐麗インタビュー【前編】を追加しました。

2016.12.22『ホーム・アローン』矢島晶子インタビューを追加しました。

2016.12.09『ホーム・アローン』折笠愛インタビューを追加しました。

2016.10.21『王様と私』壌晴彦インタビュー【後編】を追加しました。

2016.10.07『王様と私』壌晴彦インタビュー【前編】を追加しました。

2016.09.09『X-ファイル』戸田恵子インタビューを追加しました。

2016.08.19『ターミネーター』小山力也インタビューを追加しました。

2016.08.12『ターミネーター』大友龍三郎インタビューを追加しました。

2016.07.22『マイノリティ・リポート』佐藤拓也【後編】インタビューを追加しました。

2016.07.08『マイノリティ・リポート』佐藤拓也インタビューを追加しました。

2016.06.24『コマンドー』若本規夫インタビューを追加しました。

2016.06.10傑作吹替視聴室Vol.21:吹替の名盤特集第四弾を追加しました。

2016.05.27『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』小杉十郎太&相沢恵子&春日一伸インタビューを追加しました。

2016.05.13『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』福永莞爾&平田勝茂インタビューを追加しました。

2016.04.15傑作吹替視聴室Vol.20:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集第3弾を追加しました。

2016.04.01傑作吹替視聴室Vol.19:吹替の名盤特集第三弾を追加しました。

2016.03.18傑作吹替視聴室Vol.18:吹替の名盤特集第二弾を追加しました。

2016.02.29傑作吹替視聴室Vol.17:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集第2弾を追加しました。

2016.01.29傑作吹替視聴室Vol.16:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集を追加しました。

2015.12.04『ウェイワード・パインズ 出口のない街』津田健次郎インタビューを追加しました。

2015.11.13『glee/グリー』坂本真綾&早川陽一インタビューを追加しました。

2015.11.12傑作吹替視聴室Vol.15:吹替の名盤特集第1弾を追加しました。

2015.10.16『Fargo/ファーゴ』森川智之インタビューを追加しました。

2015.09.30『コマンドー』玄田哲章&土井美加インタビューを追加しました。

2015.08.14『エイリアン』大塚明夫インタビューを追加しました。

2015.08.14『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』田中敦子インタビュー第1弾を追加しました。

2015.07.14『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビュー第3弾を追加しました。

2015.07.19『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビュー第2弾を追加しました。

2015.06.30吹替の帝王『エイリアン』幸田直子インタビューを追加しました。

2015.06.30『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビューを追加しました。

2015.06.30吹替の帝王 公式サイトをリニューアルオープンしました!

  • INTERVIEW
  • メルマガの登録はこちら!
  • 外国映画を吹替え版でより楽しんで頂くためのサイトが誕生!吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!
Page Top

吹替の帝王シリーズ

  • 吹替の帝王シリーズ誕生 史上最強の「コマンドー」
  • 吹替の帝王第二弾 史上最強の「ダイ・ハード」
  • 吹替の帝王第三弾 史上最強の「プレデター」
  • 吹替の帝王第四弾 史上最強の「ロボコップ」
  • 吹替の帝王第五弾 史上最強の「スピード」
  • 吹替の帝王第六弾 史上最強の「猿の惑星」
  • 吹替の帝王第7弾 史上最強の「エイリアン」
  • 吹替の帝王第8弾 コマンドー30周年
  • 吹替の帝王第9弾 史上最強の「ターミネーター」
  • 吹替の帝王第10弾 史上最強の「ホーム・アローン」
  • 吹替の帝王第11弾「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 吹替の帝王第12弾「インデペンデンス・デイ」
  • 吹替の帝王第12弾「エイリアン2」
  • 吹替の帝王 コマンドー 完売につきアンコール発売決定!