キミは日本語吹替の魅力を知っているか?実力派声優が魅せる【吹替】の真実を堪能せよ!

吹替えの帝王 Powered by 20th Century FOX Home Entertainment 企画協力:フィールドワークス

  • 式Facebook
  • 公式Twitter
  • 吹替の帝王〜商品紹介〜
  • 吹替えの名盤〜商品紹介〜
  • 海外ドラマ〜商品紹介〜
  • インタビュー 〜吹替の現場から〜
  • 吹替収録作品
  • 傑作吹替視聴室
  • とり・みきの吹替どうなってるの

PICK UP #15 『吹替の名盤』特集第一弾 チャック・ノリス最強伝説を支えた、声の立役者たちの激烈吹替を聞け!! by Siringo

 チャック・ノリス!! この男は、ブルース・リー亡き後、スティーヴン・セガールが登場するまで、まぎれもないマーシャル・アーツ・ジェノサイダーだった(映画の中で)!
 武器密輸組織をぶっ潰し、ベトナムに乗り込んで収容所を粉みじん、シカゴ・マフィアを壊滅させ、全米で暴れまくる極左テロ軍団を殲滅、ベイルートに攻め込んでアラブのテロリストに情け容赦ないおしおきをくらわせる。「悪に上下の隔てはない!」と言ったのは「長七郎天下ご免!」の松平長七郎だが、ノリス先生も先人の教えを忠実に実行。超人と言うには生ぬるい、ほとんど神がかった強さで、悪党であればザコもボスも区別無く徹底的にブチのめす。それがチャック・ノリス! そして観れば必ずスカッとさわやか、明日を生きる活力になる映画、それがチャック・ノリス・ムービーなのだ!
 「吹替の名盤」シリーズでは、数あるチャック・ノリス・ムービーから初期の傑作・大作を厳選し、洋画劇場が一番元気の良かった時代に作られたTV放送の吹替音声を収録してリリース! 名声優・名翻訳・名演出の3拍子そろった珠玉の吹替版で、ノリス先生の大活躍をぜひ堪能してほしい。

『テキサスSWAT』-スタート・ダッシュは、理知的声優をアタッチした<現代風マカロニ・ウエスタン>

テキサスSWAT
 まずは『テキサスSWAT』。オライオン映画製作の1983年の本作が、チャック・ノリスのブレイクの幕開けとなった。現代のアメリカが舞台だが、マカロニ・ウエスタンの世界を完全に再現した一本としても注目に値する。音楽にマカトラ(マカロニ・ウエスタンのサントラ)界の巨匠フランチェスコ・デ・マージを起用しているので、狙っていないわけがない。
 「日曜洋画劇場」で放送された本作で、チャック・ノリスの声を担当したのは井上孝雄。ピーター・オトゥールやロック・ハドソンなどのFIX声優で、どちらかといえば理知的な役柄の声をアテることが多いのだが、今回はマッチョ・スターの役。とはいえ、ノリスは俳優としての演技も評価されているので、声のほうも演技の実力がある声優が起用されることが多いのだ。クールな声の演技のおかげで、ノリスが渋い二枚目に見えてくるから不思議。
 敵役はD・キャラダインで、彼はTVシリーズ『燃えよ!カンフー』に主演し、中国武術を習得しており、ノリスとガチ対決ができるスターとして起用された。声を担当したのは業界の御大、羽佐間道夫。悪ふざけやアドリブを一切拝し、冷酷非道な悪人を演じている。『特攻野郎Aチーム』のハンニバルのような軽妙な声の演技のほうが一般的にはなじみがあるが、『フレンチ・コネクション』のロイ・シャイダーなど役柄に合わせてシリアスな演技もできる、本物のプロフェッショナル声優である。羽佐間氏の声のおかげで、キャラダインの役柄も原語版より厚みが出た。故人となった内海賢二、加藤精三、千葉耕市などの声の名優が脇を固めているので、こちらもじっくり聞いてほしい。

『地獄のヒーロー』-ドスのきいた低声で迫力アップ! たった一人でベトナム軍を壊滅する荒唐無稽さも、吹替の力で視聴者納得!?

地獄のヒーロー
 さて、『テキサスSWAT』で認知の高まったノリスが次に出演したのは、メナハム・ゴーラン&ヨーラン・グローバスが経営するキャノン・フィルムの『地獄のヒーロー』だった。米国公開初週で興行成績ナンバー1に輝き、アクション映画界でのノリスの地位を不動のものに押し上げた記念すべき1本である。ベトナム戦争での“戦闘中行方不明兵士”を救うべく、ノリス先生が単身ベトナムに潜入し、襲い来る敵を殲滅して捕虜を奪還する!
 ノリスの声を演じたのは森川公也。『ゴッド・ファーザー』『キラー・エリート』など、ロバート・デュバルのFIX声優で、どちらかといえば落ち着いたトーンの低音の声。荒くれノリスの声にはミスマッチかと思いきや、ぶっきらぼうかつ、べらんめえ調ぎりぎりの喋りで、意外にも元軍人のマッチョ・キャラにピッタリはまった。ドスのきき具合も絶妙で、ノリス本人よりノリスっぽい。彼を助ける武器商人ジャック(M・エメット・ウォルシュ)の声は神山卓三。40代以上の方には、『チキチキマシン猛レース』のケンケンの声でおなじみで、洋画の吹替えでもコミカルなキャラクターが多い。本作は武器商人という役柄のため、少し重い演技を披露。ラストの捨て身の掃射は泣ける!

『野獣捜査線』-ノリス声優が善悪に分かれて声の激闘!

野獣捜査線
 『テキサスSWAT』を製作したオライオンで、もう一本作られたのが『野獣捜査線』。「日曜洋画劇場」発なので、『テキサス…』と同じく井上孝雄がノリスの声を担当(テレビでの放送は『テキサス…』より本作が先)。しかし敵のH・シルヴァがこれまたノリスの声を演じた森川公也。声だけ聞くと、“ノリスVSノリス”という吹替の珍味となった。
 作品自体は、ノリス先生のマーシャル・アーツにはあまり頼らない、わりと真面目なポリス・ストーリー。しかしノリス映画だけあって、クライマックスの壮大なバトルでは、一人残らず悪を殲滅する。ちなみに、クライマックスでノリスを援護する自動攻撃戦車「プラウラー」は、登場のしかたが唐突ということもあって、当時の観客にはウケが悪かった。が、これは映画のためのプロップではなく、実在する兵器である。開発当時の1980年代にはアメリカの市警察で採用の予定があり、ビルの壁をぶち破るデモ映像をニュースで見た記憶がある。

『地獄のコマンド』-最強ノリスを“超最強”に変えた声。敵役の声にも注目!

地獄のコマンド
 予想外の全米ノリス・フィーバーに目をつけたキャノン・フィルムズは、ノリス先生と長期の出演契約を結ぶ。いわゆる映画会社のスターの囲い込みで、彼の主演作ラッシュが続くことになる。製作される映画のテーマはすべて、「ノリス=無敵」。ハリウッド史上、前例をみない最強のヒーローとして、ノリス伝説を決定づけたのが『地獄のコマンド』。米国に密かに上陸して破壊の限りを尽くすテロリスト集団を、ノリス先生がほぼ一人で殲滅する。もう軍隊はいらない!ノリス一人が世界を救う!! 本作はまさに、そんなノリである。
 大使館にバズーカを撃ちこもうとするテロリストの背後に音も無く忍び寄り、銃を突き付けて放つ決め台詞「死んでもらうぜ、ロストフ」。情け一片もない冷徹な低音で、ノリス先生の計り知れないコワさを引き出したのは、『地獄のヒーロー』でも声を演じた森川公也。 対するテロリストのロストフ(リチャード・リンチ)の声は、澄んだ声の中田浩二(『サンダーバード』のスコットの声でおなじみ)。R・リンチはもろに悪役顔なのだが、こういったキャラの声にあえて美声で演技力のある声優を配役すると、より狂気が際立つ。こういった配役テクニックも、本作の吹替版をオリジナル以上に面白くしている。

『デルタ・フォース』-FIX声優をあえてはずして、名吹替版誕生!

デルタ・フォース
 チャック・ノリスに大事件発生! といっても、声優の配役のことである。ノリス主演作で最大の超大作『デルタ・フォース』では、なんとマイケル・ダグラスのFIXで有名な小川真司が登板。その声のおかげで、ノリスが沈着冷静なヒーローに変身。上司のリー・マーヴィンはFIXの小林清志ではなく、納谷悟朗でコワモテ感が増幅。その他、FIX声優がいるマーティン・バルサム、ジョージ・ケネディ、ロバート・ヴォーンなども、別の声優が担当していているが、本作を放送したTBS「ザ・ロードショー」の番組プロデューサーが上田正人氏、演出が小山悟氏のコンビだからと思われる(ちなみに、テレビ放送の吹替版は、主に番組プロデューサーと演出家が声の配役を決める)。
 上田氏と小山氏は、あの内海賢二版の『007/ダイヤモンドは永遠に』の番組プロデューサー&演出で、FIX声優にこだわらない「新しい配役」に力を入れていたフシがある。とはいっても、実力のあるベテラン声優が配役されているので、これはこれで新たな吹替の魅力に溢れている。
 テンパって切れまくるテロリストのリーダー(ロバート・フォスター)の池田勝の熱演や、いくつもの兼ね役を起用にこなす西村知道、筈見純にもぜひ注目して欲しい。


<傑作吹替視聴室VOL.14 恐怖の吹替劇場は“ココを聴け!”
吹替の名盤

Siringo【プロフィール】

幼少期よりTVで多くの洋画を鑑賞し吹替の魅力にとりつかれる。'02年より株式会社フィールドワークスでソフト制作業務を担当。独自の吹替探索ルートと一般の方から吹替音源の協力を得る方法により、失われた吹替版を多数復刻。『吹替の帝王』シリーズにも協力。現在までに関わった吹替収録ソフトは100作品を超える。

新着情報
外国映画を吹替え版でより楽しんで頂くためのサイトが誕生!吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!
  • L.A.コンフィデンシャル製作20周年記念版
  • 「コマンドー」アンコール発売
  • ヒート
  • エイリアン2
  • ID4
  • X-ファイル
  • ウェイワード・パインズ 出口のない街
  • ダイ・ハード/ラスト・デイ

新着情報

2017.10.06「エイリアン2」田中秀幸インタビューを追加しました。

2017.09.22傑作吹替視聴室Vol.26:『猿の惑星』を追加しました。

2017.09.01「エイリアン2」鈴木弘子インタビューを追加しました。

2017.08.25傑作吹替視聴室Vol.25:『エイリアン』を追加しました。

2017.08.04「インデペンデンス・デイ」古川登志夫インタビューを追加しました。

2017.07.28傑作吹替視聴室Vol.24:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を追加しました。

2017.07.03『インデペンデンス・デイ』山寺宏一インタビューを追加しました。

2017.06.23傑作吹替視聴室Vol.23:『シザーハンズ』を追加しました。

2017.05.26傑作吹替視聴室Vol.22:『LOGAN/ローガン』公開記念!を追加しました。

2017.04.28『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』菅生隆之【後編】インタビューを追加しました。

2017.03.31『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』菅生隆之【前編】インタビューを追加しました。

2017.02.24『ダイ・ハード/ラスト・デイ』樋浦勉インタビューを追加しました。

2017.01.27『サンズ・オブ・アナーキー』森川智之&五十嵐麗インタビュー【後編】を追加しました。

2017.01.06『サンズ・オブ・アナーキー』森川智之&五十嵐麗インタビュー【前編】を追加しました。

2016.12.22『ホーム・アローン』矢島晶子インタビューを追加しました。

2016.12.09『ホーム・アローン』折笠愛インタビューを追加しました。

2016.10.21『王様と私』壌晴彦インタビュー【後編】を追加しました。

2016.10.07『王様と私』壌晴彦インタビュー【前編】を追加しました。

2016.09.09『X-ファイル』戸田恵子インタビューを追加しました。

2016.08.19『ターミネーター』小山力也インタビューを追加しました。

2016.08.12『ターミネーター』大友龍三郎インタビューを追加しました。

2016.07.22『マイノリティ・リポート』佐藤拓也【後編】インタビューを追加しました。

2016.07.08『マイノリティ・リポート』佐藤拓也インタビューを追加しました。

2016.06.24『コマンドー』若本規夫インタビューを追加しました。

2016.06.10傑作吹替視聴室Vol.21:吹替の名盤特集第四弾を追加しました。

2016.05.27『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』小杉十郎太&相沢恵子&春日一伸インタビューを追加しました。

2016.05.13『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』福永莞爾&平田勝茂インタビューを追加しました。

2016.04.15傑作吹替視聴室Vol.20:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集第3弾を追加しました。

2016.04.01傑作吹替視聴室Vol.19:吹替の名盤特集第三弾を追加しました。

2016.03.18傑作吹替視聴室Vol.18:吹替の名盤特集第二弾を追加しました。

2016.02.29傑作吹替視聴室Vol.17:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集第2弾を追加しました。

2016.01.29傑作吹替視聴室Vol.16:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集を追加しました。

2015.12.04『ウェイワード・パインズ 出口のない街』津田健次郎インタビューを追加しました。

2015.11.13『glee/グリー』坂本真綾&早川陽一インタビューを追加しました。

2015.11.12傑作吹替視聴室Vol.15:吹替の名盤特集第1弾を追加しました。

2015.10.16『Fargo/ファーゴ』森川智之インタビューを追加しました。

2015.09.30『コマンドー』玄田哲章&土井美加インタビューを追加しました。

2015.08.14『エイリアン』大塚明夫インタビューを追加しました。

2015.08.14『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』田中敦子インタビュー第1弾を追加しました。

2015.07.14『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビュー第3弾を追加しました。

2015.07.19『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビュー第2弾を追加しました。

2015.06.30吹替の帝王『エイリアン』幸田直子インタビューを追加しました。

2015.06.30『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビューを追加しました。

2015.06.30吹替の帝王 公式サイトをリニューアルオープンしました!

  • INTERVIEW
  • メルマガの登録はこちら!
  • 外国映画を吹替え版でより楽しんで頂くためのサイトが誕生!吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!
Page Top

吹替の帝王シリーズ

  • 吹替の帝王シリーズ誕生 史上最強の「コマンドー」
  • 吹替の帝王第二弾 史上最強の「ダイ・ハード」
  • 吹替の帝王第三弾 史上最強の「プレデター」
  • 吹替の帝王第四弾 史上最強の「ロボコップ」
  • 吹替の帝王第五弾 史上最強の「スピード」
  • 吹替の帝王第六弾 史上最強の「猿の惑星」
  • 吹替の帝王第7弾 史上最強の「エイリアン」
  • 吹替の帝王第8弾 コマンドー30周年
  • 吹替の帝王第9弾 史上最強の「ターミネーター」
  • 吹替の帝王第10弾 史上最強の「ホーム・アローン」
  • 吹替の帝王第11弾「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 吹替の帝王第12弾「インデペンデンス・デイ」
  • 吹替の帝王第12弾「エイリアン2」
  • 吹替の帝王 コマンドー 完売につきアンコール発売決定!