夜の大捜査線
「お前みたいな奴は この辺にはいない」「買いかぶりだ」
この季節、どんな出会いが待っているだろう。2人の男の出会いは険悪な対立だった。

冒頭に流れるレイ・チャールズの歌だけで、もうワクワク。一気にドラマに誘われる。人種偏見の根深い南部の町を舞台に、黒人刑事と白人警察署長が殺人事件を捜査するハメに。反感、侮蔑、憎悪。だが、協力しなければ事件は解決しない。沈着な刑事のシドニー・ポワチエも魅力的だが、偏見の塊みたいな署長のロッド・スタイガーが名演。時折こぼれる笑顔が憎めない。小心な部下のウォーレン・オーツもいい。刑事と署長が私生活をポロッと吐露するシーン。署長が刑事を駅へ送っていくラストシーン。ともに記憶に刻まれる。