東京暗黒街・竹の家
「朝ごはん 作るわ 銀座で卵を買って来たの」
若い世代に関心をもたれている昭和。アメリカ人が見た“昭和三十年の東京”とは……。

舞台は東京。暗躍するアメリカ人ギャング団。米軍と警視庁が殺人事件の捜査に乗り出す。本作はハリウッド映画初の日本ロケ。製作は1955年。そこで撮られているのは“リアル昭和三十年”。銀座、浅草、佃島、ゲイシャ、パチンコ、ETC。アメリカ人は東京をどう見ていたか。ハリウッド名シャーリー山口こと山口淑子や早川雪州も見もの。荒唐無稽な室内セットは、むしろ今では新鮮に映る。サミュエル・フラー監督ならではのエキセントリックなノワールの怪作。かつての東京にタイムトラベルできるキッチュな作品です。