お熱い夜をあなたに
「500グラムでもやせたら 僕たちの間は終わりだ」

父急死の報を受けてイタリアへ飛んだアメリカの実業家ウェンデル。早く遺体を引き取って葬儀を済ませたいのに、イタリア人はとにかく大らか。予定が遅れてイライラする彼。しかも、父の死因が愛人との交通事故死であったと知ったうえ、その娘のポッチャリさんと行動を共にすることに。効率第一主義のアメリカとは反対のイタリア式生活リズム。ビリー・ワイルダー監督の皮肉が利いています。ジャック・レモンの名演技にくわえ、大人のジョークや小ギャグも満載。ホテルの支配人のキャラも笑えます。ラストシーンは粋の一言!