ウォール街
「創造はしない。所有するだけだ」
一言で乱高下する世界経済。1987年の作品なのに、今の世界も見えてきそう。

野望と欲望が渦巻くウォール街に大きな影響を与えている億万長者の投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。「おれは損が嫌いだ」「欲は善です」「欲は正しい」彼の口から放たれる“金言”の数々。マネー・ゲームを支配するゲッコーに憧れて金融界に入った若き証券マンのバド(チャーリー・シーン)は、彼に近づいて一攫千金を目論む。そこに待ち受けているのは……。バドの父親(マーチン・シーン)の存在が清涼剤です。マイケル・ダグラスは本作で第60回アカデミー賞主演男優賞受賞。