ジュリア
「怒りんぼうは相変わらず?」「支持者はあなた一人」
3月8日は「国際女性デー」。2人の女性の友情を引き裂いたのは……。

『子供の時間』の劇作家リリアン・ヘルマンの実話に基づく作品。大きな影響を受けた幼なじみのジュリアと再会したリリアンは、反ファシズの闘士となっていた彼女からナチ支配下のドイツまで、あることを頼まれる。自分の身にも何が起こるかわからぬ不穏な頼み事。その結末は……。ベルリン経由の夜行列車のシークエンスは実にスリリング。激動の時代を生きた2人の友情だけでなく、『マルタの鷹』のハードボイルド作家ダシール・ハメットとの関係を通して、リリアンが劇作家として成功していく過程も必見です。