その男ゾルバ
「考えすぎて事を面倒にする それが利口者の欠点だよ」

性格も人生観も対照的な2人の男、ゾルバとバジルの一期一会。「あんたは冷静すぎる」「何が正しく何が間違いかは言えても 心や体で話すことを知らん」自由奔放に見えるゾルバが洩らす数々の至言。それはジンセイに元手がかかっているから言えること。生きるとは? 人間の営みとは? バジルにとってゾルバは、やがて生き方の師になっていく。ゾルバ=アンソニー・クインと呼びたいような存在感。バックに流れる喜怒哀楽に満ちたギリシャの民族楽器。浜辺で男2人が踊るラストシーンに観る者の気持ちも解放されます。